アキバ店員のなすがままに、自腹でPCを組んでみた、が完結

アキバ店員のなすがままに、自腹でPCを組んでみた(前編)
アキバ店員のなすがままに、自腹でPCを組んでみた(中編)
アキバ店員のなすがままに、自腹でPCを組んでみた(後編)

39万6603円分の自作マシン作成記、心の中で突っ込みを入れつつ、なかなか面白く読めました。
店員がCore i7 965 Extreme Editionを勧めるとことか容赦ないなぁとか思いながら(笑)

唯一納得いかないのがケースのチョイスで、なぜP183ではなくP182なんだろうと。
AntecのP183の発売日は3月末だったので既に発売されていたと思うのに
勧められなかったのは、まだ評価が固まっていなかったからなのかな?


それにしても目的も無く一切の妥協をせずに、ただただスペックを求めて
マシンを組み上げるなんて性格的に無理ですわ。

決められた予算の中で、コストパフォーマンスを重視しつつ金をかける配分を考慮しながら
自作を行うことに楽しみを見出すほうなので特に。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking