スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドスパラが中古PCのHDDデータを未消去のまま販売したそうです

HDDを売るときなんて、0FILLくらいだけでは怖いなぁとか思うのに、全く消去せずに買取に出しちゃう人もいるんですね。

HDDは個人情報の塊だと思うのに、よくそのまま中古として店に売れるものです。
意識が違いすぎるなあと。


ネットバンキングのログイン情報なんかが残っていたりしたらとか思うと、普通は最低でもフォーマットくらいはすると思うのですが・・・

ドスパラに売るときに、こっちでデータ消去しますとか言われちゃったのかな?
スポンサーサイト

RAID/iSCSI対応4TBのNAS「LCN-2BN4TE」


個人向けのNASでiSCSIに対応した製品は珍しい気がします。
WindowsではiSCSI イニシエータが搭載されているので十分活用ができますね。

PCからタブレットに置き換えが始まるとデータ保管庫としてNASの需要が増えていき、高機能で低価格な製品が沢山出てきそう。

Windows 8/RTタブレット「Surface」

Microsoftもアップルのビジネスモデルを真似するようで、自社でタブレット端末を用意して発売を行うことを決定しました。

感圧センサーのTouch Coverがついているのが特徴っぽいですね。
机の上で使う前提ならちょっと便利そうです。

やっぱり企業向けを意識しているのでしょうかねぇ~。
iPadはマウスが使えないので、どうしても生産性が落ちますし・・・

1枚で16GBあるDDR3メモリーが登場

KingstonからHynix製チップ搭載のKVR13R9D4/16IとKVR13LR9D4/16I」、
センチュリーマイクロから「CK16Gx4-D3RE1600L42」が発売されました。

普通のマザーで1枚16GBのメモリーって認識するのでしょうかね?

動作未確認マザーの場合、購入するのに躊躇いが出そうな価格です。


デュアルチャンネルとして使うと32GBにもなるので、それだけのメモリを必要とするような人は屁でもないのかな。

2,880×1,800ドット 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルということで、2,880×1,800ドットの超高解像度ディスプレイを搭載したMacBook Proです。

これだけの高解像度だと、フル画面表示で動画を流すとCPUパワーを食いそうです。

GPUによる動画再生支援機能が2,880×1,800ドットに対応していたらそうでもないのかもしれないですが、今出回っているGPUの動画再生支援機能ってフルHDの解像度までじゃなかったかなぁ?

CPUがCore i7 2.3GHz~3.3GHzなので余裕ですかね。

東芝から21:9比率液晶Ultrabook「dynabook R542」

dynabook R542という名称ですが、アスペクト比(21:9)なのだから219とでもしたら覚えやすいでしょうに、とか思ったりして。

面白そうではあるのですけれど変則比率の解像度だと、ゲームとかアプリとかで不具合が出ることがあるので、実用としてはどうなんでしょうね?


21:9というのはシネマスコープの比率ということです。

dynabook R542/16FS

最近のルータはファームウェアのバージョンチェックを勝手にしてくれるんだ

ファームウェア

少し前にNECの無線LANルータに機種変更をしていたけれど、NAT設定のためにルータにログインをしたところ、新しいファームウェアが見つかったので、更新しろと告知していました。

ルータの管理機能をよく見たら、時刻指定バージョンアップ機能なんかもあって至れり尽くせりなんですね。


NEC Aterm WR8750N[HPモデル] PA-WR8750N-HP
NEC Aterm WR8750N[HPモデル] PA-WR8750N-HP

Windows 8 優待購入プログラム6月2日に開始

Windows 7搭載PC、またはWindows 7のDSP版の新規購入ユーザーに対して、Windows 8 Proへのアップグレード版のダウンロード製品を1200円で提供するWindows 8 優待購入プログラムを開始するそうです。

windows8CPを使った印象としては、PCで使う限り使いにくくなるだけで乗り換えるメリットが全く見えないな~という感じでした。

タブレットやタッチパネルならちょっとは印象が違ったのでしょうがね~。

Metroアプリとデスクトップアプリの切り替えの手間があるので、正直微妙な感じ。

オーディオマニア向けのLANコネクタカバー「RLT-1」

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120602/etc_acoustic.html
>同社では「ルータやハブの空きLANポートはノイズの侵入源となっている」と説明。このアダプタを装着することで、ルーターやハブの動作が安定、S/N比を向上できるのだという。ただし、具体的な改善度合いなどは不明。

空きポートから空中の(?)ノイズが入って、LANケーブルを伝わってPCに影響を与えているとでもいうのでしょうか?

色々と凄いなぁ

で、RLT-1やらがそのノイズをカットすると。

PCなんて排熱のために排気口がスカスカなんで、LAN云々関係なしにノイズまみれだと思うのですが・・・
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。