スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H645H1GのインターフェイスはDVI/HDMI/VGAと、DPは搭載せず

HISのHD6450 H645H1GはDDR3モデルのみでGDDR5版は登場しないようですから、現状GDD5版は、高いSAPPHIRE製品だけというのは選択肢がなく残念です。

ローエンド製品でGDDR5を搭載させても、ビジネスとして旨みが少ないと各社が判断しているんでしょうかね。


それにしてもHDMIはライセンス料がかかるので、ローエンドの製品から先に搭載しなくなるかと思っていたのですが、実際のところは上位機種のみにDisplayPortを搭載している場合がほとんどですね。

HDMIはいらないので、もっと安くして発売して欲しいと思います。
スポンサーサイト

マウスコンピューター、水冷PC「MASTERPIECE i1320BA5-Liquid」を発売

ラジエータ2基で、CPUとGPUをそれぞれ水冷で冷却するMASTERPIECE i1320BA5-Liquidが発売。

Core i7-2600ということで、Core i7-2600kでないのが残念なところです。
ショップブランドってCore i7-2600K採用が少ないというのは気のせいでしょうか?


最近はパーツを集めて組み立てるのも面倒かもと、ショップブランドのPCでもいいかなと思うようになってきてましたが、無駄なものが付いてくるので、まだまだ割高なんですよね。

OS:tech netのライセンスがあるので不要
DVDドライブ:USBのドライブがあるので不要
キーボード、マウス:USB切替器で共有するので不要

Raven3に日本限定モデル「SST-RV03B-WA」が登場

SST-RV03B-WAはゴールドのライン部分がグレーのラインとなる日本限定モデル。

通常のゴールドは見た目が・・・だったので、こっちの方がよさそう。

ところでSST-RV03B-WAは別に台数限定ということはないですよね?


MSIのR6450-MD1GD3 LPはファン付き

MSIのRadeon HD 6450、DDR3 1GBモデルのR6450-MD1GD3 LPはファン付きで、ついでにDPも無しでした。

コレはないなと。

Radeon HD 5450もDisplayPortを搭載している機種を出していませんでしたし、MSIとしてはローエンドでDisplayPortを搭載する気はないようですね。

SapphireのGDDR5版HD 6450「11190-00-20G」はファン付きなのが残念

DDR3 512MB 「11190-01-20G」
・5000円ちょっと
・DVI-D×1、D-sub×1、HDMI×1
・ファンレス

DDR3 1GB「11190-02-20G」
・6000円前後
・DVI-D×1、D-sub×1、HDMI×1
・ファンレス

GDDR5 512MB 「11190-00-20G」
・6500円前後
・DVI-D×1、D-sub×1、DisplayPort×1
・小型のファン

という構成となっていて、どれにするか悩ましい。
なぜにDisplayPort端子付きモデルが1つだけなんでしょう。

GDDR5の「11190-00-20G」がファンレスだったら迷う必要はなかったのですが、小型ファン付きなんですよね。

GDDR5はやっぱり発熱が大きいのでしょうか。


とりあえず飛びつかないで、他メーカーのHD 6450が出回り仕様を比較出来るようになるまでは様子見をしますか~



SeagateがSamsungのHDD部門を統合

4月19日、SeagateがSamsungのHDD部門を統合することなりました。

Western Digital(←日立グローバルストレージテクノロジーズ)
Seagate(←Samsung)
東芝(←富士通)

HDD事業の集約が進んでいますね。
HDDメーカーが減った影響でTDKの株価が年初来最安値となっているようです。
メーカーが減ると価格競争が減りそうでちょっとやな感じ。


メモリに関しても2社か3社に統合されるという話も聞きますし、PCは儲からない商売なんだなぁと実感しています。

日本メーカーで頑張ってるのはHDDとメモリくらいなので、もっと頑張ってほしいところ。

インテル売上高は128億ドル(約1兆557億円)でアナリスト予想平均を上回る

売上高を見ると、マザーのリコール問題なんて関係ないといった風情ですね。

企業向けサーバーの販売が好調だったことが主因のようで、確かにその分野に関してはリコールとは無関係なセグメントだったと思われます。

タブレットに押されてPCの販売が不調でも、Webサービスが伸びる限りWebサーバーの増強が続くわけですから、インテルの牙城は揺るぎなさそう?

そう考えると先が苦しいのはマイクロソフト。
OS不要の時代になったらどうなるのでしょうかね。

Radeon HD 6670、Radeon HD 6570、Radeon HD 6450がようやく登場

WQHD解像度で使用すると、RADEON HD4200がどうにも力不足(メモリ不足?)なので、Radeon HD 6450に乗り換えを狙っていましたが、ようやく登場です。

AMD、Radeon HD 6670などDirectX 11対応パフォーマンスクラスGPU 3機種

米AMDは19日(現地時間)、Radeon HD 6670、同6570、同6450の3製品を発表した。
バリュー~パフォーマンスクラスのDirectX 11対応GPU。いずれもリファレンスは1スロット仕様となる。

Radeon HD 6450は
>メモリは最大1.6GHz駆動のDDR3か3.6GHz駆動のGDDR5を512MB~1GB搭載
という事なので、ターゲットを考えると価格の安いDDR3版が出回ることになると思います。

5000円台で購入できるならサクっと購入して試してみる予定です。

ファンレスでDisplayPort端子付きのモデルは出るのかな?

Vertex 3シリーズ「VTX3-25SAT3-120G」「VTX3-25SAT3-240G」「VTX3-25SAT3-480G」

500MB/secオーバーのOCZ製SATA3.0対応SSDがデビュー


Vertex 3シリーズとIntel SSD 320のカタログスペック

120GB「VTX3-25SAT3-120G」2万7千円前後
・4KBランダム読込20,000IOPS
・4KBランダム書込60,000IOPS

240GB「VTX3-25SAT3-240G」5万5千円前後
・4KBランダム読込40,000IOPS
・4KBランダム書込60,000IOPS

480GB「VTX3-25SAT3-480G」
・4KBランダム読込50,000IOPS
・4KBランダム書込40,000IOPS


インテルのIntel SSD 320シリーズの場合
120GB「SSDSA2CW120G3K5」2万前後
・4KBランダム読込38,000IOPS
・4KBランダム書込14,000IOPS

300GB「SSDSA2CW300G3K5」5万円前後
・4KBランダム読込39,500IOPS
・4KBランダム書込23,000IOPS

書き込みとコストパホーマンス重視ならIntel SSD 320を、読み込み速度重視ならVertex 3シリーズを狙うのが良さそうですね。
シーケンシャルの速度はあまり気にしない方向で。

しかし微細化が進んで書き込み可能数自体は確実に減っていると思うのですけれど、SSDの寿命は結局どれくらいなんでしょうか。
SLCのMobi3000を2年くらい利用していますがまだまだ大丈夫だと思いたい。



GeForce GT 520が登場し、ZOTAC製ビデオカード「ZT-50601-10L」が発売

NVIDIA、DirectX 11対応エントリーGPU「GeForce GT 520」

機能面はDirectX 11、OpenGL 4.1や、CUDA、PhysX、3D Vision、PureVideo HDなどをサポートする。
店頭予想価格は5,500円前後


ローエンドの割に消費電力が32Wとやや高めで、アイドル時の消費電力なのか、MAXの値かが気になるところです。
(Radeon HD 6450はアイドル時9W、MAXで27Wということなので)

ZT-50601-10Lについてはファン付きとなっており、ファンレスでないのも残念かな。

他のサイトでは3D Vision未対応とありましたが、どの情報が正しいのでしょうかね。

GDDR5 2GB搭載inno3D製「N550-1SDN-E5GW」

ビデオメモリ2GBの「GeForce GTX 550 Ti」がinno3Dから


同じビデオメモリ2GBのGF PGTX550TI/2GD5はメモリがダウンクロックされて、1万9800円ほど。
特にダウンクロックされていないN550-1SDN-E5GWは、アークで価格は1万7470円ほど。

ファンの動作音の違いなどを考慮しないのであれば、N550-1SDN-E5GWの方が性能的にお得っぽいですね。
(GeForce GTX 550 Tiに2万円ほども出すのかは別として)


 GF PGTX550TI/2GD5
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。