スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATA 6Gbps対応SF-2281搭載SSD「Vertex 3」

SandForce製の新型コントローラーSF-2281を搭載したSSD「Vertex 3」がOCZから登場です。
OCZ、リード550MB/secのSF-2281搭載SSD「Vertex 3」
Vertex 3は、コントローラにSandForce SF-2281を搭載し、SATA 6Gbpsのインターフェイスを装備。
4KBランダムライトが60,000IOPS。現状のSATA 6Gbps対応SSDで最速としている。

IOPSだけみると結構期待ができそうなスペックですね。

SATA3のSSDもようやく色々と発売されて比較が出来るようになってきましたが、結局どれが鉄板になるのかな。
スポンサーサイト

SSD 510シリーズはMarvell製コントローラー採用

インテル初の6Gbps SATA-SSDが28日(月)発売

コントローラチップに関する説明は無かったが、セッション中では「桜の咲くころには、外国人部隊じゃない、うちの内製のSSDもお待ちかね」とも表現。今回の製品が「外国人部隊」であると取れるような表現にも思われた。

記事をそのまま読むと、インテル製SATA3向けコントローラー搭載のSSDも登場するってことですかね。

別記事に以下のようにあったので、今回のSSD 510シリーズはインテル製SSDとしてはやや期待はずれかも。
SSD 510シリーズ リード時20,000IOPS、ライト時8,000IOPS
X25-M リード時35,000IOPS、ライト時8,600IOPS


インテル製コントローラー採用で圧倒的な性能差を見せつけて欲しかったかも。




良さそうなCPUクーラー「忍者参」「CNPS9900 MAX」「Archon」

CPUクーラー2010年発売モデル最強王座はどれだ?【第4回】

結論だけ読んで信用するなら、

・「忍者参」
本体が巨大
干渉する可能性あり
価格は3600円前後と安い

・「CNPS9900 MAX」
干渉する可能性は低い
ファン交換不可
価格は9000円前後で高め
Zalman CNPS9900 MAX (RED)【02P22feb11】

Zalman CNPS9900 MAX (RED)【02P22feb11】
価格:7,950円(税込、送料込)


・「Archon」
静音だが冷却能力は優秀
価格は7000円前後とちょっと高め
THERMALRIGHT CPUクーラー Archon

THERMALRIGHT CPUクーラー Archon
価格:7,380円(税込、送料別)



Archonが良さそうな印象です。

最近はリテールクーラーも優秀なので、それに劣る製品は出ないでしょうからどれを買っても外れはそうそうないと思いますので、飛びついても問題ないですかね~

3スロット専有「ENGTX580 DCII/2DIS/1536MD5」

ASUSTeK、3スロット厚のGeForce GTX 580ビデオカード
GPUの熱が直接ヒートパイプに伝わるため、より効率的に冷却できるという。また、構造だけでなく、サイズも3スロット厚と巨大で、放熱量を高めた。ファンは2基搭載する。同社では、ビデオカード用として最高レベルの冷却性能としている。

見た目がゴツイのでよく冷えそうな「ENGTX580 DCII/2DIS/1536MD5」です。

3スロット占有するようなハイエンドGPUを購入する事は多分ないのとも思いますが、使用感はどんな感じなのでしょうかね?

よく冷えて、かつ静かなのかな。


インテルとAMD、USB 3.0対応チップセットの提供を2012年に延期へ

インテルとAMD、USB 3.0対応チップセットの提供を2012年に延期へ

ルネサス エレクトロニクスは大勝利?

まさかUSB3.0の標準対応がこんなに遅れるとは思っていませんでした。
マザーに搭載するのに、なにか問題があるんでしょうかね。

USBメモリ程度ならUSB2.0で十分ですが、バックアップ用HDDにUSB2.0を使うのはちょっと厳しいです。
(HDDの大容量化が進んでいるので)

う~ん、USB3.0への対応で、マザーボードの値段にどれくらい反映されているのかな。

DX11対応PCIカード「HIS 5450 Silence 512MB DDR3 PCI HDMI/DVI/VGA」

世界初!PCI対応のDirectX 11サポートVGAがデビュー!
AGPを搭載したマザーボードはほぼ登場しなくなりましたが、PCIのみを持つマザーボードはまだ出ますからね。
AGP版ではなくPCI版が登場するのは、その差でしょうか。

とりあえず、PCI版でも動画再生支援機能(DxVA)としては十分使えそうな気がします。
あまり帯域は関係なさそうですし。


NVIDIA、2011年度は黒字に転換

NVIDIA、2011年度は黒字に転換

売上高35億4,300万ドル、純利益2億5,310万ドル、1株当たり利益0.43ドル。前年の6,800万ドルの純損失から改善した。

NVIDIAはGeForceが好調で?黒字転換したようです。

AMDは相変わらずドライバが糞なので、NVIDIAには沈んでほしくないですね。
(内蔵チップセットのRADEON HD4200を使っていますが、デコーダーが腐っているのか、YouTube(MP4)の動画が破綻してまともに表示させることが出来ません。)

GeForce系のGPUを購入して、乗り替えようかな…

SuperFlowerから80PLUS Platinum認証電源「SF-550P14PE」

80PLUS Platinum認証の電源がSuperFlowerからデビュー!

80PLUS Platinumの認証条件は、負荷率20%/50%/100%において、それぞれ90%/92%/89%という変換効率が求められているそうです。

80PLUS GOLDの場合は、負荷率20%/50%/100%で87%/90%/87%という事ですが、この数%の差がどれくらい発熱などに影響するのでしょうかね?

SF-550P14PEの機能としては
ファンの真下に内蔵されたヒートシンクの温度が65℃以上になると回転する仕組みで(45℃以下で停止)、電源投入時や低負荷のシステムではファンレスで動作するという。

などなど、なかなかいい感じの仕様となっています。

ただSF-550P14PEは初回ロットで終了らしいので、お目にかかる機会は少なそうなのが残念。

80PLUS Platinum電源の製造は難しい?


フロントコネクタが、USB3.0に対応した「P183 V3」、「P193 V3」

Antecの人気PCケース「P183」と「P193」がマイナーチェンジ
マイナーチェンジで、これまでフロントに用意されていたeSATAコネクタが廃止され、代わりにUSB3.0コネクタが搭載されている。

USB3.0のピンヘッダを持つマザーボードが今後登場する事を期待ですね。
PCケースはそうそう買い換えるものではないので、マイナーチェンジとはいえ嬉しい仕様変更です。

ただ今までのP183なら14800円くらいで買えていたので、P183 V3になって若干値上がりしているのが残念。



Antec P193 V3

Antec P193 V3
価格:22,980円(税込、送料込)

MSI、販売済みP67/H67搭載マザーボードは交換かSATAカード送付で対応

エムエスアイ、Intel 6マザーボードは交換かSATAカード送付で対応

同社の該当製品は、「P67A-GD65」、「P67A-GD55」、「P67A-C43」、「H67MA-E45」の4機種で、2通りの対応方法を用意。1つはマザーボードの交換、もう1つはSATAカードの送付。申し込みはどちらかを選択して、2月15日公開予定の専用Webページにユーザー情報を登録する。

送付されるSATAカードはStar-SATA6というカードとのことです。

6Gbps対応ポート×2
PCI Express x1
RAIDは非対応

PCI Express x1なのだから、3Gbps対応で4ポート搭載しているカードの方が嬉しいと思いますが…

面倒臭がりの人はカードで、そうでない人は交換対応をとるのかな?

Marvell社製「88SS9174」採用の「CSSD-P364GB2-BRKT」、「CSSD-P3128GB2-BRKT」、「CSSD-P3256GB2-BRKT」

CORSAIR、容量256GB、読み込み480MB/sec、書き込み320MB/secのSSD

SATA 6Gbpsに対応するMarvell製コントローラを採用したSSD。読み込みと書き込み速度は、256GBモデルが480MB/sec、320MB /sec、128GBモデルが410MB/sec、210MB/sec、64GBモデルが365MB/sec、110MB/sec。

64GBのCSSD-P364GB2-BRKTが15,980円ほどと手を出しやすい価格帯なのですけれども、書き込み速度が110MB/secと他モデルと比べると遅めなんですね。

CSSD-P3128GB2-BRKTにするか、64GBでRAIDを組むかと悩む人が多そう。

(RAIDは壊れたときに・・・と思ってしまい、まだ組んだことがありません)



AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。