スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7は4日間でVistaの1年分を販売だそうですが

Windows 7はたった4日でVistaの1年分を販売
「こんなことを言うとVistaは何だったのかということになるが、Windows 7はWindows 95/98/XPなど過去のOSと比べても一番の勢いがある」

Vistaの反動って物凄いですね。
どれだけみんなXPを使い続けながらWindows7の発売を待っていたのでしょうか。
(そのうちの一人ですけれど)

それにしても、あまりにいらない子扱いのVistaが哀れな気がしてきましたが、一体Meとどちらが黒歴史になるのだろう。

少なくとも、エクセルで資料作っている時に何度も不正な処理で強制終了を食らったMeより、Vistaの方が安定して良いとは思いますが日々の操作で不満が大きいVistaもあまり変わらないという評価なのかな。
スポンサーサイト

Vistaのグラフィック機能をDirectX11、WDDM1.1に強化するパッチ

MS、Windows Vistaのグラフィック機能をWindows 7相当へ強化するパッチを配布開始
米Microsoft Corporationは27日(現地時間)、Windows Vistaのグラフィック機能などをWindows 7相当へ強化するアップデートプログラム「Windows Vista 用のプラットフォーム更新プログラム(KB971644)」の配布を、Windows Update経由で開始した。

Windows7が発売されたこのタイミングで、Vistaを強化する意図がよく判りませんが、マイクロソフトの顧客サービスの一環なんでしょうか?
Windows7へアップデートする気の無いユーザーにとっては朗報でしょうけれど。

不具合が出ないか、暫く様子を見てからアップデートをした方が無難かとは思います。
DirectX11対応GPUを所有している人がVistaを使い続けているとは考えにくくはありますが。

2014年をメドにDVIとアナログVGAを廃止予定との事

VESA、DisplayPortの対応状況を説明
DisplayPortの互換性についても、DVI、VGA、HDMI、LVDSなどと互換性を持っているため、「2012年~2014年の間に、確実にこれらの旧規格を完全に置き換えられる」とした。

安い企業向けPCの液晶ディスプレイとの接続はほとんどアナログVGAを使っていたりますが、本当に廃止に出来るのでしょうかね?

プロジェクターとの接続やTV会議用の資料共有などなど、意外とアナログVGA接続が多いのであと5年ほどで駆逐できるか、少し微妙な気がします。

個人的にはさっさとDisplayPortに移行するなら移行して欲しいとは思いますが。

XP/Vista向けリモート デスクトップ接続v7.0クライアントが登場

MS、XP/Vistaの「リモート デスクトップ接続」を7相当に更新するパッチを公開
動画の再生においては、「Windows Media Player」による動画の再生時に、デコード処理をクライアントPC側で行えるようになった。これにより動画の再生品質やパフォーマンスが向上し、動画と音声のズレも解消される。

このパッチ、あくまでクライアント用であって、サーバ側のRDPv7.0へのバージョンアップパッチではないので従来どおりXP同士でのリモートデスクトップ接続では高速化などの恩恵は受ける事が出来ないようです。

つまり、リモートデスクトップの接続先がWindows7やWindowsServer 2008 R2の場合にのみ限られると。

DirectXのリダイレクト機能というのも追加されているようなので、ゲームなどもリモートデスクトップ経由で出来たりしそうでかなり便利なっていそうです。

Phison製コントローラ搭載SSD3016S3-6M-32GX

SSD3016S3-6M-32GXの概要
「Phison製コントローラ+東芝製MLCチップ搭載」(TSUKUMO)という2.5インチSerial ATA-SSD。容量は32GB/64GB/128GBの3モデル。

散々だった前モデルのPhison製コントローラー搭載のSSDは、新型になって果たしてどれだけの性能を出すようになったのかと思ったら・・・

----------------------------------------------------------------
620 名前:Socket774[sage] 投稿日:2009/10/29(木) 21:37:32 ID:mhflTD4Q
Phison(;´Д⊂)
ttp://www.exa5.jp/diary/img/img111_ss036.png
----------------------------------------------------------------

いや、これは無いでしょう・・・流石に。
何時の時代のSSDなんだというベンチマーク結果でした。

アイ・オー・データのワケあり品

WebカメラとUSBメモリが捨て値になっていますね。
USBメモリの紹介ページにReady Boost対応が書いてない辺り、性能は押して知るべしでしょうか。

・デスクトップメモリー「DX667-512M」  5,480円 ⇒ 【365円】93%OFF
・デスクトップメモリー「S133-128MZ」  7,140円 ⇒ 【365円】95%OFF
・デスクトップメモリー「AP-FB800-1GX2」 32,800円 ⇒ 【3,650円】89%OFF
・Webカメラ 「LC-VIP-SE」  4,980円 ⇒ 【365円】93%OFF
・USBメモリー4GB 「TB-NT4G/W」  1,780円 ⇒ 【365円】79%OFF
・ワンセグチューナー 「GV-SC400」  9,980円 ⇒ 【4,365円】56%OFF
・Bluetoothスピーカー 「CPSPK/BT」  9,800円 ⇒ 【7,365円】25%OFF
・外付HDD1.0TB 「HDCS-U1.0R2」  14,800円 ⇒ 【8,365円】43%OFF
・ミラーリングHDD300GB「HDLM-300U」  154,800円 ⇒【12,365円】92%OFF
・23.6型フルHD液晶 「LCD-MF242XBR」  32,800円 ⇒【17,365円】47%OFF

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

RDT231WM-X(BK)、三菱からIPS採用、中間色3.8ms23型フルHD液晶

三菱、IPS採用でも中間色3.8msを実現した23型ワイド液晶

搭載している機能で
I「ギガクリア・エンジン」「超解像技術」「色変換技術」「ダイナミックコントラスト補正技術」「局所コントラスト補正技術」「階調数拡張処理技術」「ノイズリダクション技術」
とありますが、MDT243WGⅡとほとんど同じですね。

MDT243WGⅡの方は解像度1,920×1,200ドット、VAパネル 店頭予想価格は99,800円前後
RDT231WM-Xの方は解像度1,920×1,080ドット、IPSパネル 店頭予想価格は52,800円前後

RDT231WM-Xの開発ラインって同じなんでしょうか?
価格が約二倍もあるのだからMDT243WGⅡはなにか他に付加価値がないと売りにくいような気がしますが・・・
せめてMDT243WGⅡの方もIPSパネルだったらなあと思うと残念。

RDT231WM-X

Intel、SSD用新ファームウェアでOS起動不可?公開停止中

Intel、SSD用新ファームウェアに問題で公開中止
問題の内容についてIntelは開示していないが、OSが起動不能になるという報告がユーザーフォーラムに寄せられている。

新ファーム適用により、OSが起動不可になってしまう不具合が発生中との事です。
(Windows7のみ、という話もあり)

Windows7発売後にTrim対応ファームを素早く提供しようと、焦り過ぎた結果?
多分、X25-Mを所有していたらファームウェアのアップをしていたのだろうなと思うと、怖いですね。

インテルのスレッドを覗いたら8MB病なる単語も。
どうやら認識される容量が8MBになる障害のようで・・・こちらは修理しないと復旧は出来なさそうです。

インテル SSDSA2MH160G2R5 容量160GB X25-M Mainstream

インテル製SSD X25-M G2のファームウェアが登場(Trimに対応)

Intel製SSD「X25-M G2 160GB」の新ファームを軽く試す
新ファームウェア導入後は、シーケンシャル/ランダム共にライト性能が向上している。また、以前から予告されていたTrimへの対応も確認できた。
ちなみに、ファームウェアの公開に併せて、SSD向けのツールソフト「Intel Solid-State Drive Toolbox」も公開されている。ユーザーはこちらも併せて利用してみるといいだろう。

ベンチマーク結果が掲載されていますが、書き込み速度が上がり、読み込み速度は若干下がっていました。
読み込み速度も上がっていなくて少々残念かも。

80GB版について、今回のファームウェアアップでは噂通りに速度アップが無いのか気になります。
そちらについてはベンチマーク結果の情報待ちですけれど、きっと何処かに直ぐに掲載されるんでしょうね。


思っていたよりも早くTrim対応ファームをインテルが出してくれたので、インテルのSSDで組む予定に変更は無しかなと。
(東芝製のSSDが標準でTrim対応しているという話でしたので、若干迷いがありましたが)


インテル SSDSA2MH160G2R5 容量160GB X25-M Mainstream

DDR3に世代交代でDDR2価格は上昇中

主流メモリがDDR3に実質交代?、DDR2は価格も上昇中
Windows 7の登場と時をあわせるようにして、メモリの主役が交代しつつある。
店頭ではDDR3の売れ行きが増し、主流のポジションを磐石に。反面、これまで安価だったDDR2メモリがここ数週間で価格急騰、価格差が目立って縮小しつつある。

モノが生産されなくなれば、結果的に価格は上昇しますからDDR2メモリの値下げは期待できないですね。
エルピーダも年末に向けてDDR3メモリの生産にシフトすると8月ごろの決算発表で表明していましたし。
ですので、メインストリームだけでなくローエンドの機種でもDDR3メモリが本格的に採用されるようになれば、DDR3メモリに関しては値下がりが期待できそうです。
とは言っても、それも恐らく来年以降の話でしょうが・・・

それとも高値安定になったりとかは・・・よほどWindows7マシンが売れない限りはないかな

USBメモリからWindows 7をインストールを可能にするWindows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)

Microsoft、「USBメモリ入りWindows 7」の作成ツールを提供
このツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」は、Windows 7のISOイメージから、同OSをインストールするためのブータブルUSBメモリを作成する。


Windows7のインストール用USBメモリを作成するのには、何GBのUSBメモリを用意すれば容量的に足りるのかと思って確認してみたところ、インストールDVDの容量は2.33GBという事でした。
という事は2GBのUSBメモリでは容量不足となるので、最低4GBの容量は必要となります。

USBメモリ自体はかなり安いので適当な価格のものでも良さそうですが、それなりの速度が出る製品を選ばないとファイルのコピーや実際のセットアップの際に遅くてイライラする羽目に陥りそうです。

いつかUSBメモリ版のWindows OSも発売されるかも知れませんが、DVDメディアの製造コストを下回ることは無さそうなので完全に取って代わる事は今のところは想像ができません。

USBメモリ版よりも、ダウンロード販売でデータをダウンロードさせ手持ちのDVDかUSBメモリに各自コピーしてセットアップ、という方式になる可能性のほうが高そう。

グリーンハウス [GH-UFD4GBS] USBフラッシュメモリ4GB Ready Boost対応

マスター映像も高画質化する「SBMV Extend」を導入--BD版「攻殻機動隊」で採用

SPCLがマスター映像も高画質化する「SBMV Extend」を導入--BD版「攻殻機動隊」で採用
カラーバンディングとは、映像のグラデーション領域などで、階調の変化点が等高線のように帯状に見える現象。ソニーPCLでは、10ビットのオリジナルコンテンツを8ビットのBlu-ray Discにエンコードする際に生じるカラーバンディングを「Super Bit Mapping for Video」(SBMV)技術で低減していた。

いい加減、8bitで収録するのはどうなんだろうと思います。
ブルーレイに10bitで収録する事は規格上できないのでしょうかね?

わざわざこんな無駄技術を開発するくらいなのですから、BD規格は8bitしか扱えないと見るべきなんでしょうけれど。
そうするとDeep Colorに対応したモニターなどは、どういった場面でその機能が使われるのかが謎な気がします。

業務用向けの機能を、取り合えずTVにも搭載しているだけなのかな。

攻殻機動隊 Blu-ray S.A.C.2nd GIG Blu-ray Disc BOX

Windows XP Modeでゲームは動くのだろうか?

マイクロソフト、Windows 7用「Windows XP Mode」「Virtual PC」を配布開始
Windows XP Mode for Windows 7(WindowsXPMode_ja-jp.exe)は、ファイルサイズ601.8 MB。VHDファイルが含まれており、32bitの仮想Windows XP Professional SP3環境が利用できる。

DirectXがサポートされていなければXPモードで動作させるのは厳しそうですが、試してみて動けばラッキー程度に考えていた方が無難なのかな?

XPモードのためだけにWindows 7 Professional以上を購入するのはリスクが高そう。

仮想環境でDirectXをサポートしているか、適当にググった結果、対応しているソフトは結構ありそうですので、XPとデュアルブートとしなくてもいけるそうです。
(フルスクリーンでゲームが出来るかは結構微妙のようですが)

・Sun xVM VirtualBox
>可能

・VMware
>.vmxを編集で可能?
>mks.enable3d = "TRUE"
>svga.vramSize = "67108864"
>vmmouse.present = "FALSE"

・Virtual PC
>不明

東芝のSSD「SSDN-ST64B」「SSDN-ST128B」のベンチマーク

東芝のSSDを購入した人がベンチを張っていました。
Random 4Kはやっぱりインテルと較べると微妙ですが、Trimに対応しているのは意外な感じ。
インテルはまだTrim対応していないというのに。

-----------------------------------------------------------------
174 名前:Socket774[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 19:36:35 ID:thtqpHDE
よーしベンチはるぞ!

175 名前:Socket774[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 19:52:07 ID:thtqpHDE
64G

ttp://kamaitachi.info/make/up2/src/Jfile15235.jpg

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 232.423 MB/s
Sequential Write : 188.678 MB/s
Random Read 512KB : 198.436 MB/s
Random Write 512KB : 124.892 MB/s
Random Read 4KB : 18.824 MB/s
Random Write 4KB : 8.126 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2009/10/23 19:27:19

176 名前:Socket774[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 19:52:59 ID:thtqpHDE
128G

ttp://kamaitachi.info/make/up2/src/Jfile15236.jpg

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 232.089 MB/s
Sequential Write : 181.132 MB/s
Random Read 512KB : 199.152 MB/s
Random Write 512KB : 120.046 MB/s
Random Read 4KB : 18.945 MB/s
Random Write 4KB : 15.003 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2009/10/23 19:31:46
-----------------------------------------------------------------

iconiconSSDN-ST64B
iconiconiconSSDN-ST128BiconiconiconSSDN-ST256Bicon

インテルのSSDで80GB版と160GBでは性能差が出る可能性あり?

以下転載
-------------------------------------------------------------------
658 名前:Socket774[sage] 投稿日:2009/10/21(水) 21:40:45 ID:iPtWQUK0
天野の出番終わり、AMD広報に交代した
以下IntelSSDスレから発言をコピー

「新ファームとツール、7に間に合わなかった、ゴメン」
「新ファームで160GBの方は更に速くなる」
「トリムコマンド実装で更にパワーアップ、トリムはAHCI&7必須」
「トリムはRAIDだと使えない。けど将来はファームで対応する(時期は未定」
「トリムコマンド実行は一日一回程度で」
「ファーム公開は、月末までには...」
「Win7は、Vista3.1だろw」(えー
-------------------------------------------------------------------

80GB版でいいかと思っていたけれど、160GB版と性能差が出るのならちょっと悩みます。

そういえば、Windows7ではSSDと認識したらデフラグを自動停止する機能が付くという話がありましたが、一体どうなったんでしょうね。

デフラグのスケジュールが停止しないという書き込みをチラホラと見かけますが。


Intel X25-M Mainstream SATA SSD (SSDSA2MH160G2R5)

三菱から27型フルHD液晶「RDT271WLM(BK)」

三菱、実売39,800円の27型フルHD液晶「RDT271WLM(BK)」
1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ「RDT271WLM(BK)」を11月27日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は39,800円前後の見込み。
27型ワイドのTNパネル(ノングレア)を採用した液晶ディスプレイ

解像度がフルHDなので、この大きさだと液晶TVとの境目がそろそろ曖昧になってきた感があります。
それにしても画面サイズを大きくするなら、解像度もiMacのように引き上げてくれないと魅力が無いというのが正直な感想。

パネルはVAですらなく、TNなのでRDT271WLMの存在価値が一体何処にあるのか・・・

アップルがIPSパネルで27インチ、解像度はフルHD以上のモニターを出しているのだから、27インチサイズのIPSパネルを何処かのメーカーが製造しているのは間違いないのだと思うのですが、三菱は同パネルを使ったモニターは出さないのでしょうか。

Windows 7のリモート・デスクトップ接続機能解説記事

Windows 7 Enterpriseの「リモート・デスクトップ接続機能」を徹底解剖
windows 7のすべてのエディションには、最新のRDP 7.0が搭載されている。RDP 7.0対応のリモート・デスクトップ接続クライアント(バージョン6.1.7600のMstsc.exe)は、すべてのエディションで利用できる。

昔、XPのSP3になったら、リモートデスクトップがバージョンアップして複数同時接続をサポートするという記事を読んだ記憶があるのですが、Windows7でも同時接続については何も言及されて無い辺り、まだサポートされていないという事なんでしょうね。

リモートデスクトップでログインしているところに誰かがログインしてくると、先にログインしているユーザが問答無用でログオフされるのでその辺りの改善を期待していたのですが・・・
(とはいっても、リモートデスクトップを使う機会は減りましたので、個人的にはすでに重要な機能でもないかな)

それよりもマルチメディア・リダイレクトでリモート先の動画ファイル再生がスムーズに出来るようになった事が大きな進化なのかも。
リモートで再生したオーディオやビデオのファイルやストリームを、ローカルのメディア再生機能を利用して再生する機能。高品質なマルチメディア・コンテンツの再生が可能。

機動戦士ガンダムUCはブルーレイ販売と劇場公開・ネット配信が同時に

「ガンダム」、劇場公開・BD・ネット配信同時に バンダイナムコ
バンダイナムコグループは来年2月公開のアニメ作品「機動戦士ガンダムUC」で劇場公開とブルーレイ・ディスク(BD)発売、インターネット配信を同時に手がける。映画興行への影響から、劇場公開からBD発売やネット配信まで半年程度あけるのが通例。だが、正規のソフトの発売前に海賊版が多く出回るため、思い切って同時発売に踏み切る。

今までどこも手を出していなった劇場公開とソフト販売を同時に行う試み、成功するのでしょうか?

ガンダムブランドなので、興行的に失敗する可能性が低いとみているのでしょうけれど、このモデルが成功したら、ブルーレイ発売まで待たされなくなりそうですね。

個人的にはヱヴァ劇場版で同じ方式をやってもらいたかったところ。
ヱヴァ・破のブルーレイディスク発売はまだですか~

せっかく買ったPS3、ガンダム戦記専用マシンになっていて寂しいので早く発売して欲しいと思います。

Windows 7へのアップグレード専用「ファミリーパック」が販売中

Windows 7の3本セット「ファミリーパック」も販売中
この製品は、同居する家族向けのアップグレード版Home Premiumで、1世帯最大3台のXP/VistaマシンをWindows 7にアップグレードできるというもの。製品に含まれているプロダクトキーは1つで、そのプロダクトキーを使って3回までライセンス認証ができるという仕組み。

3ライセンス分のファミリーパックは深夜販売では販売されなかったのでしょうかね?
一切ファミリーパックという単語を見なかったので、リテール版と同じく9時から発売されたと見るべきでしょうか。

XPかVistaで稼動しているPCが2台ある場合、Windows7を2本買うのならこちらの方がお得ですが、クリーンインストールする時にXP/Vistaのディスクを突っ込めばいいのでしょうか?

まさかXPをインストールしてある状態で無いとアップグレードできません、なんて言われる事は無いと信じたいところですが・・・

Windows7Windows7

Windows7

右手でマウスを使い過ぎたのか、肩の下と腕の筋肉が痛いので対処法について考えてみた。

最初は、単にパソコンの使い過ぎのせいかと思っていました。
なのでパソコンを使う頻度を落とすくらいしか対処できないのか考えていたのですが、パソコンを使う体勢を見直してみたら気付いた点が。

以前から、マウスを使う際に手首に負担がかからないようにと、いわゆるリストレストを使っていたのですが、これを使うと肘が宙ぶらりんとなる体勢になっていました。
つまり体勢的に一の腕の筋肉に常に負荷が集中し続けるようです。

この体勢で一日の半分以上を過ごし、それを年単位で続けていたので筋肉に限界が来たのかなと。


机が広ければ、リストレストに腕を乗せても肘が机につくので負担とならないのですが、物理的に空きが無いので対処の使用も無く・・・

取り合えず、リストレストを使わなければ手首から肘の部分全体で支える体勢となるので負荷が減り、痛みは大分和らぎますので暫く無しで過ごそうかなと思います。

根本的解決は、PCデスクを買い直すか、肘置き用のアームレストを購入するかですね。
デュアルモニター設置スペースを確保する為にもPCデスクを買いなおそうかな。

アームレスト:Donyaダイレクト DN-ARM210

27インチ(2560 x 1440ピクセル)でIPSパネルの液晶ディスプレイ搭載のiMac

アップル、iMacをモデルチェンジ
Core2モデルの方が168,800円という事で、高解像度のLED液晶ディスプレイを買うことを考えたらちょうどいい値段ですね。
入力端子がMini DisplayPortのみという事と、HDCP対応なのか不明な点が人柱感漂いますけれど・・・

・Mini DisplayPort
2009年3月現在は米Apple社の独自規格である。(by Wikipedia)

アップルが素直にDisplayPort端子を搭載してくれていたら良かったのに。


変換アダプタが入手でき、かつ液晶ディスプレイ単体としてだけも問題なく使えるなら、iMacというのは意外といい選択肢になるのかも。

想定している使い方
・iMacは普段は液晶ディスプレイとして使用
・別途用意したPCはWindows7(64bit)を導入
・Windows7では動かないソフトなどはiMac(Boot CampでXPインストール)で利用

Macとして使う気は更々ありません(笑)

Apple iMac 27インチ

Apple iMac 21.5インチ

続きを読む

VAIO X/Lに予約殺到でサーバーがダウン

VAIO X/Lに予約殺到。Windows 7時代のPC事業戦略とは
ソニーは10月19日から、ソニースタイルでプレミアムボードPC「VAIO L」シリーズの予約販売を開始。さらに、20日からはモバイルノートPC「VAIO X」シリーズの予約販売を開始した。事前の反響の高さを裏付けるように予約が殺到。この2日間は、何度かサーバーがダウンする状態が続いたという。

VAIO Xについては順当だと思いますが、VAIO Lについてはさほど興味が無かったで人気が有るとは意外な感じです。


icon
iconVAIO X
icon

CPUがAtom Zなのと、OSが Windows 7 Home Premium/Professionalの32bit版しか選べないのが残念といえば残念かな。

まあAtom ZシリーズでなければVAIO Xの薄さは実現できなかったようですし、メモリも4GB以上搭載出来ないでしょうから32bitのみというのもわからなくは無いですが。

LGの白色LED採用の22型液晶ディスプレイ「W2286L」

LGエレクトロニクス、白色LED採用の22型液晶ディスプレイ
白色LEDを採用することで、色や輝度のムラと消費電力を抑えた液晶ディスプレイ。HDMIを2系統備え、AV機器やゲーム機との接続性が高められた。機能面では、自動輝度調整機能やワイド4:3表示機能(アスペクト比固定拡大)などを備える。

LEDにすると逆に制御が難しくて色むらが出やすいような気がしていたのだけれど、勘違いですかね?
解像度が1,680×1,050ドットなんで買う気はありませんけれど。


今年~来年にかけて液晶ディスプレイのトレンドは、LED化とDisplayPort搭載となりそうな感じ。
で、再来年あたりに3D表示対応(120Hz表示)を本格化という流れかな。
(TVの流れを追いかけるのなら)

フルHD以上の高解像度化という流れは何処にも無さそうなのが寂しい。

Micronの34nmプロセスフラッシュメモリはMLCが3万書換え、SLCが30万書換え可能な高寿命タイプ

Micron、書き込み耐性を向上させた企業向けNAND
34nmプロセスを採用したNAND。このNANDを使ったMLCは従来品の6倍にあたる3万書き込みサイクルを実現し、高い信頼性と2倍の容量の両立を可能にした。同プロセスを使ったSLCも用意しており、こちらは従来のSLCの3倍にあたる30万書き込みサイクルを実現している。

3bit/セルで容量を稼ぐ方向にのみNANDフラッシュメモリは進化していくのかと思っていたら、ここにきてMicronが書換え寿命を考慮したチップを開発してきました。

フラッシュメモリの製造プロセスが34nmプロセスになった事で、寿命が短くなるという話を良く聞きましたが、このMicronが開発したチップの場合は、従来の50nmプロセスのフラッシュメモリよりも長寿命となりそうです。

SSDなど書換えが多い用途向けには、こういったチップを採用して欲しいと思いますね。
逆に、携帯音楽プレイヤー(DAP)などは書換えを頻繁に行わないので、大容量低価格なフラッシュメモリで十分なのでうまく棲み分けしてくれればいい感じでしょうか。

firefoxでflashプレイヤーをインストールしてもコンテンツを見れない場合の対処方法

なぜか、firefoxにflashをインストールしても、インストールされたと認識されず、YouTUbeなどのコンテンツを表示されない状態になる事がありますので、その対処方法についてメモ。

なおアンインストールツールを使って、Flashプレイヤーをアンインストールしてから再インストールを試してみても駄目でした。


まず、Adobeのページにアクセスし、Flashプレイヤーをダウンロード・インストールします。

ここで通常はC:\WINDOWS\system32\Macromed\Flash内にFlashプレイヤーがインストールされますので、フォルダ内の全ファイルをコピーします。
(flashplayer.xpt、install.log、KB923789.inf、NPSWF32.dll、NPSWF32_FlashUtil.exe、uninstall_plugin.exe)
(不要なファイルもあると思いますが)

次にFirefoxのプラグインフォルダに移動し、先ほどコピーしたファイルをペーストします。
通常プラグインフォルダはC:\Program Files\Mozilla Firefox\pluginsとなります。

その後、Firefoxを再起動すればFlashをFirefox上で扱えるようになります。

BluetoothのようにWi-Fi機器を直接接続する「Wi-Fi Direct」仕様発表

BluetoothのようにWi-Fi機器を直接接続 - 「Wi-Fi Direct」仕様発表
Wi-Fi Allianceは10月14日 (米国時間)、Wi-Fi対応機器をピアツーピアで直接接続するための新仕様を発表した。同仕様に対応した機器を「Wi-Fi CERTIFIED Wi-Fi Direct」として認証するテストプログラムを2010年中頃から開始するという。


無線AP不要で無線LAN搭載の機器同士が通信可能になる、Wi-Fi Directが2010年以降から使えるようになるそうです。
これで、デスクトップPCも無線LANを搭載していたほうが便利な時代が来たりして。

個人的にデスクトップPC間だけの通信なら有線LANで全然問題ないと思っているのですが、モバイル向けのデバイスが増えてくると、無線LAN環境の方が便利なんですよね。
モバイル機器にLANケーブルを繋ぎっぱなしというのも現実的ではないですし、都度繋いだりするのは手間がかかりますし。

とりあえず、Wi-Fi Directに対応したノートPCやNASなどのデータ共有などがやり易くなりそう。

白色LEDバックライトの液晶ディスプレイ MultiSync LCD-EA222WMe


NEC、白色LEDバックライトの22型ワイド液晶など

インターフェイスはミニD-Sub15ピン、DVI-D(HDCP対応)、DisplayPort(HDPC対応)の3系統。また、4ポートのUSB 2.0 Hub、1W+1Wのステレオスピーカー、ステレオミニジャックの音声入出力を備える。

NECからLEDバックライトとDisplayPort端子を搭載した液晶ディスプレイが登場しました。

残念ながらMultiSync LCD-EA222WMeは22インチサイズで、フルHDの解像度すらない液晶なので購入する気は無いですが、LCD-EA222WMeで技術を蓄積して、LCD2490WUXi3とかLCD2690WUXi3に活かして欲しいですね。

多分発売するでしょう。1年後とかに・・・

Windows7に乗り換えたら4:3のスクエアサイズのモニターでは不満が出そうなので、もうモニターの乗り換えを本格的に検討する時期なのかな。

MultiSync LCD-EA222WMe

エルピーダの7~9月期、2年ぶりの営業黒字

エルピーダの7―9月期、8四半期ぶり営業黒字
製品価格の上昇とともに工場生産の効率化などで、7-9月期は2年ぶりの黒字転換となった。

2年ぶりの黒字と改めて聞くと、よく会社が倒産せずに持ったものです。

とりあえずこれで、半導体(メモリ)業界の最悪期は脱した事が確認されました。

DRAMの7ー9月期のスポット価格の3ヶ月平均は約1.5ドルで、4-6月期の約1.2ドルに比べて上昇。10月に入っても上昇基調が続いており、足元で2.5ドルを超えている。

Windows7が失敗しない限りDRAMのスポット価格は安定して推移していくでしょうから、エルピーダ的には一安心といったところですかね。
ごく最近はDDR2メモリのスポット価格の方が、DDR3メモリのスポット価格よりも高くなっていますので、メモリベンダーの生産主力はDDR3に移行したと見て間違いはなさそう。

ということで、DDR2メモリの価格が下がる見込みは限りなく低くなってきました。
DDR3メモリは他のメーカー(サムスンとかマイクロンとか)も増産しているでしょうから、下がる余地はありそうなんですけどね。

三菱VISEOの新モデル「MDT243WGII」

三菱、超解像搭載の24.1型/WUXGA液晶ディスプレイ
三菱電機株式会社は、超解像技術を搭載した24.1型/1,920×1,200ドット液晶ディスプレイ「MDT243WGII」を10月28日より発売する。店頭予想価格は99,800円前後の見込み。
AV機能を強化した液晶ディスプレイ「VISEO」の新モデル。

VISEO MDT243WGの後継というから、型番はMDT244WGになるのかと思っていたら
MDT243WGIIでした。

パネルはVAで、一部に噂になったIPSではないみたい。

基本的には超解像技術を追加した機種という事なんでしょうけれど、
ゲーム表示には向かない技術なので微妙といえば微妙なバージョン。

MDT243WGII

NVIDIA初のDirectX 10.1対応GPU「GeForce 210/GT 220」が発売

NVIDIA初のDX 10.1対応GPU「GeForce 210/GT 220」が発売
スペック的には
 GeForce 9500 GT(55/60nm)→GeForce GT220(40nm)
 GeForce 9400 GT(55nm)→GeForce 210(40nm)
なので、パフォーマンスはまったく期待できないローエンド品です。

既にHPなどにOEM向けとして卸していた製品群だったので特に目新しい感じもしない、がっかり感が漂うGPUかな。

安いGPUが欲しくてかつ、GeForceでなきゃ駄目だ、という人には
嬉しいのかもしれないですが、そういった人はどれ位いるのでしょうか。

NVIDIAにこだわる必要があるとしたら・・・CUDAと3D Visonくらい?

GALAXY GF P210-LP/512D2 HDMI Geforce 210搭載

GALAXY GF PGT220/512D3 HDMI GeForce GT 220搭載
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。