スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ColorEdge CG232Wが登場?

http://www.eizo.com/press/releases/pdf/CG232Wpr.pdf

インターフェイス
・BNC × 2 (SD-SDI/HD-SDI × 2 or dual-link SDI × 1),
・DVI-D
・D-Sub

パネル
・high-quality IPS (H-IPSかな?)

表示
・各色10bit表示(内部テーブル16ビット)

機能
・Digital Uniformity Equalizer(DUE)機能(ムラ補正かな?)
・120Hzの倍速搭載

とまぁ先進的な豪華仕様ですが値段も凄そうですね。
インターフェイスにDisplayPortは相変わらずないようですけれど、まだD-Sub端子が付くとは・・・


EIZO カラーマネージメント液晶モニター

スポンサーサイト

USBディスプレイ「UM-710」「UM-730」値下げ

PCwatchダイジェストニュースより
・7型USBディスプレイ「UM-710」「UM-730」の直販価格を31日から5,400円値下げ
安いのかなと思って値段を見たら、元々の値段が高かったんですね。

デザイン的には「UM-730」の方がいいけれどWebカメラなんて要らないし微妙。

このあたりの7~9インチのUSB液晶ディスプレイですが、
1万円を切ったら結構売れるんじゃないでしょうか?

仕事用途でお手軽にデュアルディスプレイ出来るのは魅力が有りますが
自腹で1万円超は心理抵抗があって躊躇しますしそのラインかなと。

あとはオフィスにおいても違和感が無いデザインであれば、なおGood
ノングレアパネルでひとつメーカーにはお願いしたいところ。


5000円のPC用地デジ「DY-UD200」

4,980円のUSB地デジチューナー登場
~製品ページより~
※本製品はコピー10および各メディアへのコピー、ムーブには対応しておりません。
※Windows XP、Vistaの64bit版には対応していません
※アナログRGBケーブルで接続している場合はSD画質での表示となります。(最大映像サイズ800×600)

4980円と安いので視聴と一回見て消す用途なら十分かと思い十分購買意欲がそそられたのですが、
製品ページを見ていたら最後の注釈に辿り着き、結局購入は取りやめにしました。

すっかり忘れていましたがそんな制限がありましたね。
アナログが停波して、実際にTVが見れなくなった後で困るようだったら
地デジ導入を考えようかと思います。
XGA(1024×768)くらいの解像度までアナログ出力を許容してくれたらいいのに

そういえば似たような話でBlu-rayディスクのアナログ出力って
結局どうなっていたのかよく判りません。

普通にD3以上でのアナログ出力が出来るのかな?
もし買うときはキッチリ調べておかないと最悪モニターも新調しなければならなくなるのかぁ。


追記:どうやら某スレによるとHDCP解除が出来るようで・・・


KingstonのSSD「SSDNow E/M Series」

Kingston、2種類の高性能SSDでSSD市場に新規参入
メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは1月20日、SSD市場で最高のパフォーマンスを誇るIntel社のSSDを採用した2種類のSSD「SSDNow E Series」「SSDNow M Series」の販売を開始いたします。
新型かなと思ってリンクを開いたら、インテルの文字列がありました。

容量32GB 読み出し 250MB/sec、書き込み 170MB/sec
       IOPS:ランダム4K 読み出し35K、ランダム4K書き込み3.3K
容量80GB 読み出し 250MB/sec、書き込み 70MB/sec

等々の情報から、どう見ても中身がX25-EとX25-Mですね。
新規参入するメーカーは多いですが中身がインテル製SSDのOEMであったり、
オリジナルのものがまったく無いですね。
特に分類上はSSD界MLC目JMicron科プチフリ族(てきとう)な有象無象が多すぎます。





ビクターからNCヘッドホン「HP-NCX78」

ビクターから「マルチノイズキャンセル」カナル型ヘッドホン HP-NCX78
JVCから、アクティブノイズキャンセル回路に加えて風切りノイズ低減・タッチノイズ低減など複数の手法を採用した「マルチノイズキャンセリングシステム」搭載のカナル型ヘッドホン HP-NCX78が発表されました。
これは欲しい。
風が強いと風切りノイズが酷いですからね。
このノイズが消えてなくなるなら凄く嬉しい。

ただのアクティブノイズキャンセル機能って低域の音にしか効果が無いそうですし、
期待して待っています。






関連:ビクター、騒音を約1/8に低減するカナル型NCイヤフォン

サムスンから500GBプラッタの「HD154UI」登場

1.5TBの500GBプラッタHDDが週末発売
最近1.0TBのHDDが値下げされていたのはHD154UIへの布石でしょうか。
WDのWD15EADSとガチンコ勝負になりそうですけれど、値段はどちらが安いのかな?

SSDの速度を見ていたため、最近はHDDの性能差は殆ど気にならなくなりました。
もうバイト単価くらいしか興味が・・・

なお、SAMSUNGでは同じ1.5TB/5,400rpm/32MBのHDDとして、「HD153UI」もラインナップしている。両者の差異は不明。
末尾の数字が1違いですが、一体何が違うのやら。
あるとしたらキャッシュ容量だと思うんですけどね



WDから2TB「WD20EADS」1.5TB「WD15EADS」が登場

Western Digital、業界最大の2テラバイトHDDを発表
米Western Digitalは1月27日、「WD Caviar Green」シリーズに、業界で最大容量となる2T(テラ)バイトのHDD「WD20EADS」を追加した。同日発売で価格は299ドル。WD Caviar Greenシリーズのラインアップは今回の新製品追加で1Tバイト、1.5Tバイト、2Tバイトとなる。
WD製HDDって1.5TBのラインナップってありましたっけ?と思って調べたらあるんですね。
どうやらWD20EADSと一緒に発表されたようです。

例の件でSeagateの対応が酷い事になっているので、
単体ドライブの容量目当てのユーザはWestern Digitalに流れるんじゃないかな。

どんどんデータを溜め込める量が大きくなってきました分、
破壊された時のダメージもどんどん蓄積される事になっているんですよね・・・

バックアップを取っているユーザの割合ってどれくらいなんでしょうか?
これまでHDDが壊れる前に買い換えているせいか、
未だに故障に遭遇した事が無いのでバックアップは取っていません。

もう保存しているデータの中身は存在すら忘れているものもあるでしょうから
逆に取り出せなくなっても困らないかも。




「RDT262WH」が登場

三菱、Adobe RGB比約107%の25.5型液晶「RDT262WH」
LCD2690WUXi2と同じパネルかな?

比べるとRDT262WHの方が、応答速度が速かったり輝度が高かったりします。
(PC用液晶に関しては輝度が高い方が良いとはいえませんけれど)

DVI-DにHDCP対応の記述は無いですが、今更対応しないという事は無いと思いますので
ムラ補正機能に興味が無ければRDT262WHの方が良いかも。

とはいっても、このクラスを購入するユーザーは
普通にCGなど映像を扱う層が大半でしょうからムラ補正機能は重要っぽいですけれど。


RDT262WH
解像度 1,920×1,200ドット(WUXGA)
表示色数 約1,677万色(約680億色中)
応答速度 5ms(中間色)
コントラスト比 1,000:1
輝度 400cd/平方m
視野角 上下/左右ともに178度
インターフェイス DVI-D、DVI-I、ミニD-Sub15ピン、3ポートのUSB 2.0 Hub

MultiSync LCD2690WUXi2
解像度 1,920×1,200ドット(WUXGA)
表示色数 約1,677万色(約680億色中)
応答速度 16ms(中間色8ms)、
コントラスト比 1,000:1
輝度 320cd/平方m(ピボット時は250cd/平方m)
視野角 上下/左右ともに178度。
インターフェイス DVI-D(HDCP対応)、DVI-I(同)、ミニD-Sub15ピンの3系統を備



IDE対応「PF18Z32GSSDIDE」、ZIF対応「PF18Z32GSSDZIF」

PhotoFastからIDE/ZIF対応の1.8インチSSDが発売
価格は「PF18Z32GSSDIDE」がアークとオリオスペックで1万9800円、「PF18Z32GSSDZIF」がアークで1万9800円となっている。
ノートPCユーザ待望のZIFインターフェイス用SSDが登場。
両者ともに32Gで2万円と高いですが、
ノートPCのスペックアップに狙っている人が多いのではないでしょうか。

1.8インチのSSDはノートPC用途でしか使えないので
数が出ないとの見込んでの価格というのもあるのですがちょっと割高・・・



関連:日立型の1.8インチSSDが発売に
ちなみに搭載するコントローラチップは「Silicon Motion製」(オリオスペック)とのこと。
もしかしてプチフリ無し?
Silicon Motion製コントローラーとやらをデスクトップ向けにも追加してくれないでしょうか(笑)
そのまま持ってきても書き込みは遅い可能性は高いですが、割と需要があるんじゃないかな

追記:1.8インチ容量64GBの44ピンIDEタイプのSSDがPhotoFastから
http://ascii.jp/elem/000/000/212/212090/
容量64GBの製品だ。この製品は先日発売された容量32GBモデル「PF18Z32GSSDIDE」の上位モデルとなるもの。
64GB版のPF18Z64GSSDIDEも発売となりました。

SiSM671採用のAtomマザー「DT230SiSM671」

SiS製チップセット「SiSM671」採用のAtomマザーが発売に!
インテル製チップセット以外では初となるAtom採用マザーボード「DT230SiSM671」がデザインテクニカから発売された。
SiSってまだマザー用チップを開発していたんですね。
Athlon64 X2チップを待ち続けて待ちぼうけになったのでVIAに浮気をしていたのですが、
まさかAtomマザーで出してくるとは思いませんでした。


オリオスペックでは本製品を使用した完全ファンレスベアボーンキット「Morex T3310/DT230」も発売予定となっている。発売予定日は2月13日(金)、予価は3万9800円とのことだ。
こちらの方も気になりますけれど、Atomマザーにしては高いですね。
ファンレスだとやっぱり設計とかに気を使うのかな。






関連:SiSチップセットのAtomマザーが初登場、低消費電力?DVIコネクタも搭載
消費電力についても「SiS672 (5W)」「SiS968 (3W)」と告知している。ちなみにAtom 230のTDPは4W、Atom 230+945GC+ICH7を組み合わせたシステムTDPは29.5Wだ。

Super Talent「UltraDrive ME」と「UltraDrive LE」の予価

スパタレ新型欧州予価

OCZ Vertex同等品と思われる物(MLC IDX22)
FTM56GX25H(256GB) EUR 562 (\66,150)
FTM28GX25H(128GB) EUR 296 (\34,270)
FTM64GX25H(64GB) EUR 185 (\21,420)

(SLC,IDX22)
FTD28GX25H(128GB) EUR 499 (\58,730)


以前のSuper TalentよりSSD「UltraDrive ME」(MLC)と「UltraDrive LE」(SLC)で情報が出ていた
SSDの価格でしょうかね?
SLCのFTD28GX25Hが128GBとしてはかなり安く感じます。
日本でいくら位になるのか情報待ちですね。


恵安から、「K-SSD30S-VSM」等のSSDが登場

恵安からインテル製MLCチップを採用したSSDが登場!

チップってメモリモジュールの事で、
値段からしてインテル製コントローラが搭載されているわけではないんでしょうね。

やっぱりプチフリ完備のJMicron製?
となるとあまり嬉しくないのですが・・・

インテル製チップ採用
・容量60GB「K-SSD60S-VIM」 1万5000円前後
・容量120GB「K-SSD120S-VIM」2万6000円前後

SAMSUNG製チップ採用
・容量30GB「K-SSD30S-VSM」8000円前後



120GBの画像が60GBとなっていますね

GPGPUとして利用できるフリーの動画編集「Crystel Engine」

軽快動作する無料で本格的なタイムライン型動画作成ソフト「Crystel Engine」
窓の杜で紹介されていてはじめて知ったのですが、
目新しい分野であるGPGPUを活用できるソフトをフリーで利用できるなんて、
作者はなんて太っ腹なんでしょう。

ニコニコ動画でMAD動画作成ツールとして紹介しているんですね。
要望がストレートに出やすい分だけ、開発にも都合が良いのかな

にしても作者製作環境が
(開発マシンはATI Mobility Radeon 9700という今やヘボボード:VRAMが64MBしかねえよ。)
ってそれはそれで大変そうだなあ、と(笑)




Core2 Duo E8700の話(6M Cache, 3.50 GHz, 1333 MHz FSB)

Intel® Core™2 Duo Processor E8700 (6M Cache, 3.50 GHz, 1333 MHz FSB)
発売時期や値段についての記載は無し。

ゲーム用途ではCore2の方が最適化されている分だけ快適との話をよく聞きますが、
そのCore2高クロック版が登場する予定みたいです。

マルチコアへの最適化は半年そこらで完了するとは思えないので、
Core i7の活躍機会はまだまだ先になりそう。

マザーはまだまだ高いですし、
DDR3メモリも下がったとはいえDDR2のコストパフォーマンスには及ばない状況は
Core i7を普及させるにはやっぱり厳しいかな。

発売時期にはE8600の値下げもあるでしょうし、E8700よりかはE8600の値下げを期待。


Phenom II購入者への感謝企画

Phenom IIが早くも値下がり、940が2万前半、920が2万円割れ
23日(金)までにPhenom II X4 920/940 Black Editionを購入したユーザーの中から抽選で20名に「兄貴も使う Dragonケース」(仮名称)をプレゼントすることにしたとのこと。


流石にPhenomIIの発売2週間で値下げしてくるとは思ってなかったのですが、
AMDにもまずいという認識があったのかプレゼント企画があるようです。

まぁ20名って大分少ないような気がしますけど、何もしないよりはましって事ですかね。

アップルも初代iPhoneを発売後、割とすぐに値下げしてクーポンを配るハメになっていましたが、
突発的に決めているんでしょうね、恐らく。

営業や広報とかの人は大変だろうな、と。


インテルSSDの価格改定と64GB版X25-Eの登場

お買い得価格情報 2009年1月24日号
T-ZONEの項

X25-M Mainstream SATA SSD
 80GBモデルが39,800円
 160GBモデルが79,800円

X25-E Extreme SATA SSD
 32GBモデルが42,980円

とようやく初物価格が無くなったようですね。

SLC版は64GBのものがいよいよ登場のようです。
64GB X25-E SATA II SSD 2.5IN INT SLC MM# 901316 - SSDSA2SH064G1C5
Buy.com Total Price: $1,024.92
この価格帯だと円高の効果が大きくなりますので、安く手に入るかも?


Nvidia 40nm is taped out

Nvidia 40nm is taped out
2009Q2に40nmのGeforceが登場ということでしょうかね?
意外と順調ということかな。




SanDisk調査:NewYorkと東京で需要が高いSSDの容量/価格

SanDiskが調べた「NewYorkとTokyoで一番求められるSSD」の容量と価格
容量100GB
価格250ドル
との事。

個人的にはぎりぎり買ってみるか、という値段ですね。
XPを使う限り64GBで100ドル程度で十分なんですが、
一応今度発売されるG3-SSDはそのレンジに収まっているのでまあOK?


>オレン氏は2009年の中頃に、SanDiskがWeb直販サービスを行うことを明らかにした。エンドユーザーもこの直販サイトから購入可能でワールドワイドでサービスを提供するという。

これは海外から輸入という形になるのでしょうかね。
代理店経由のピンハネで高くなることが避けられるなら歓迎したいかな。




日本ではSeagate製HDDの不具合は該当しない発表

以下のリンクは殆ど同じ内容
CFD販売が販売するSeagate製HDDに不具合はなし
SeagateのHDD不具合、日本語情報は「準備中」 パーツ店では販売再開も
米Seagate製HDDの不具合問題、CFD販売の国内取り扱い製品は該当せず


こんな情報も・・・
Seagate製HDD解析まとめ
7200.11 復旧の方法 2009_01_22 Ver2
復旧方法というからには不具合のあるHDDが出回っているということになりますが、
どっちが正しいのやら。
手を出さないのが一番賢い選択肢かな。

既に持っている人は使わないで暫く様子見していた方が良さそうです。
(情報が錯綜しすぎで、何が正しいのか判らない)


シーゲイト、ファームウェアのバグ修正版を公開--HDDのアクセス不能問題で
ファームはここらしいです
http://seagate.custkb.com/seagate/crm/selfservice/search.jsp?Tab=search&Module=selfservice&TargetLanguage=selfservice&DocId=207951&NewLang=en




「VAIO type P」イーモバイルとのセットで5万4800円

ソニーの「VAIO type P」が5万4800円!イー・モバイルとのセットで
1パケットが128バイトだそうなので、計算すると大体以下のように(セコイ)
無料通信分2万3825パケット=3049600バイト=約3M

トップページを開くだけで必要な転送量を確認してみたところ、
大体以下のような感じになりました。

Googleニュース 60~80kb
ITpro 600kb
pcwatch 700kb

これは無料通信分は無いに等しいですね(笑)
つまりデータ通信料は気にしたら負けと。

iPhoneかVAIO type P(+イーモバイル)の組み合わせ、どちらも魅力的で迷います。




Windows7ベータ版でWindows Update時にクラッシュするバグ

『Windows 7』公開ベータ版に自動報告ツールのバグ
不規則なシステム クラッシュは、『Windows Update』を起動するか、『Microsoft Windows Installer』(MSI) を使ってソフトウェアをインストールしようとした際に発生するという。
Microsoft が公開した回避策は、スクリプトを使ってパソコンの CEIP 関連のレジストリ設定を変更するというものだ。


ということでWindows7でWindows Updateを行う際か、
ソフトのインストール時にクラッシュするようなバグがあるようです。

リンク先には具体的なレジストリの変更方法の記載がありませんでしたが、
そのうち日本のサイトでも公開されるのかな?




CorsairのCMFSSD-128GB1Dはサムスン製コントローラを搭載

Corsairも128GBモデルでSSD参入、サムスン製コントローラ採用
Corsairが販売するのは容量128GB・MLCタイプのメインストリーム向け2.5インチSSD「S128」。公称転送速度はリード 90MB /秒・ライト70MB/秒とあまり速くないものの、コントローラにJMicron製 JMF602ではなくサムスン製を採用したことにより実効速度が落ちにくいことが特徴とされています。
シーケンシャルの見た目の速度よりも実効速度を重視したという事で、ある意味玄人向けですね。

実際シーケンシャルリードで200MB/s出てもプチフリで固まるようでは
ストレスがたまってしょうがないと思います。
現在Mobi 3000を使用していますが、シーケンシャル100MB/sでも速度が気になることはありません。

とりあえずランダムリード/ライトの性能で体感速度が決まるようなので、
そちらの性能はどうなのかが一番気になるところ


CMFSSD-128GBG1D



関連リンクスインターナショナル、CORSAIR SSD 120GB「CMFSSD-128GB1D」発売
店頭推奨売価は39,800円前後で1月末との事。
来週末あたりでしょうか?

1/25追記:Corsair Memory CMFSSD-128GBG1Dの概要 
35,800 TSUKUMO eX.
35,800 ツクモパソコン本店II

九十九で既に取り扱っているようです。
予想よりちょっと安いみたい。

MSIからP45マザー「P45 Neo3-FR V2」

エムエスアイ、DrMOS搭載で低発熱/省電力化した「P45 Neo3-FR V2」
P45 Neo3-FR V2
・1月22日発売
・店頭予想価格 16,500円前後
・ATX
・Intel P45 Express+ICH10R
・DDR2-1600対応スロット×4(最大16GB)
・PCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3
・USB 2.0×6、PS/2×2、Gigabit Ethernet(Realtek RTL8111C)、シリアルポート
・シリアルATA2×8ポート(ICH10R×6ポート+JMB363×2ポート)、
・パラレルATA133×1ポート(JMB363)
・Realtek ALC888 HDオーディオ対応8Chオーディオコーデックチップ搭載

仕様だけ見るといい感じかも。
Core i7に突撃しないで、こちらで組んでもマルチコアの本領発揮は
まだまだ先のようなので当面は困らなさそうです。





SilverStoneのRAVENブランド、SST-RV01が発売

I/O部は天板! ユニーク構造のハイエンドPCケースデビュー
以前発表があったときに気になったSST-RV01が発売されたようです。
価格は2万6800円と高め。

排気口が天井部にあるので通常配置の背面よりも耳に近い分だけ、
GPUの排気音が耳につきそうなので店頭で動作デモをしているところがあれば
確認したいのですがどこかのショップでやっていないでしょうかね。

または評価を正座して待つか。

【取寄品:5営業日程度にて発送】[SILVERSTONE] SST-RV01B


S3から低消費電力GPU「Chrome 530 GT」登場

消費電力25W! S3製のGPU「Chrome 530 GT」デビュー!
Chrome 430 GTのメモリ倍増版との事でそれ以外のスペック変更は無しのようです。
この製品の用途で3Dを使うとは考えにくいから、メモリ倍増しても余りうれしくないような気がしますが。

せめてシュリンクして更に低発熱(もしくはファンレス)、
というような追加要素でもなければわざわざこちらを選ぶとは考えにくいかも。

もしくはもっとニッチなAGP版を発売するとか(笑)



Chrome 430 GTS3

「北烏山」と「南烏山」

好みのSSDやCFを「Eee PC」に搭載する変換アダプタ登場!

「南烏山」(AR-MP901-ZIF)
製品HPより
EeePC 901-XのSSDを外し、ZIFコネクタを増設
無理やりな形で1.8インチ形状SSD (ZIF) を取り付ける事が可能です。

製品の紹介でここまで率直に記載しているとは思いませんでした。無理やりな形って(笑)


「北烏山」(AR-MP901-CF)
製品HPより
EeePC 901-XのSSDを外し、CFスロットを増設
CFカードをドライブとして認識させます。
あまり使い道を想像できませんが、大容量CFカードが発売された時に真価を発揮するのかな?

最近話題に上らなくなってきたEeePCですが、まだまだ色々と遊べるツールは出てくるようですね。



VAIO type PにWindows7βをインストール

動く? 速い? 話題の「VAIO type P」に期待の「Windows 7」を入れてみた(MYCOM)
Windows 7ベータ版をVAIO type Pで試す(PCWatch)
「VAIO type P」でWindows 7 日本語β版を走らせる(ITmedia)

IT系サイトでVAIO type PにWindows7βをインストールするのをよく見かけますね。

話題のキーワードが二つも同時に発表されると、
組み合わせたくなるのもわかりますが流石に同じ事をしすぎではないかと(笑)

ただレビューや画像を見ているとだんだんと欲しくなってくるのが不思議。
宣伝効果の大きさを実感中。





Seagateのハードディスクが販売停止中・・・

アキバでSeagate製3.5S-ATA HDDが消えた! 販売を自粛中
Seagateの評価はがた落ちですね。
大容量の1.5TBモデルが含まれているのが痛い。

WDが2TBモデルを早く発売してくれれば穴は埋まるのですが
それまでは1TBまでしか安心して買えませんね。

一応店がチェックして販売しているところもあるようですが敬遠する人が多そう。



立体表示の最適デバイスはCRTモニタ

佐藤カフジの「PCゲーミングデバイス道場」
もはや常識?のヘッドトラッキングに、NVIDIAが本腰を入れる3Dグラス
手が届かなさそうで届いてしまうVRデバイスをチェック!
>現時点で最も可能性があるとすれば、今や絶滅危惧種のブラウン管モニタを使う方法だ。22インチクラスの大型ブラウン管PCモニタであれば、 1,024×768ドット以下の低解像度で120Hzを出力できる機種もある。ただ、出力できるとはいっても普通はそのようなリフレッシュレートを公式にサポートしていないため、無理に使えばモニタが壊れる可能性すらあるので積極的にお勧めはしない。

いまだT765が現役なのに絶滅危惧種指定ですか・・・
10年使うつもりで買ったからあと2年は持たせる、かも。
買った当時は液晶に取って代わられるとは全然思っていませんでした。

久々にIOの3Dメガネをつけてドライバの再設定を行ったところ、
テストツールでは1024*768の解像度で200Hz指定を行い表示可能でしたが
実際のゲームで起動するとなぜか120Hzまでしか利用できませんでした。
アプリ側の制限でしょうかね?

とりあえず液晶モニタで120Hz表示させるには

Samsung「SyncMaster 2233RZ」
ViewSonic「FuHzion VX2265wm」

という機種があるようです。

国内で流通していないようなので3D表示を楽しんでみたい人は個人輸入、
またはCRTモニタをオークション/中古ショップ巡りで手に入れるくらいしかないのですかね?

状態のいいCRTモニタってまだあるのかは不明ですけれど。



東芝からSSD搭載のdynabook/NB100

東芝、世界最軽量12.1型モバイル「dynabook SS RX2」新モデル
~128GB SSD/WWAN内蔵で実売30万円前後


東芝、実売20万円のSSD搭載12.1型モバイル「dynabook NX」

東芝、64GB SSD搭載/5時間駆動の8.9型ネットブック

東芝はSSDをノートPCに積極的に搭載してきていますが、
自作市場向けにはSSDメーカーにフラッシュメモリだけ供給して
自社ブランドで流通させる気は無いのかな?

東芝のSSD搭載ノートPCでプチフリが出るかを気合を入れて
情報収集したわけではないので判らないのですが、
特にこれといった記述は見つかりませんでした。

東芝製コントローラでプチフリが再現されないなら、
確実に需要はあると思うのですけれどね。
自作パーツを流す流通チャネルがないなら、
SpursEngine搭載のWinFast PxVC1100のように
外部に供給してくれたらなと切望します。

AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。