スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速充電可能なSCiB

[CEATEC] 東芝、10分で9割充電できる次世代バッテリーをノートPCでデモ
>従来のリチウムイオンバッテリーは、充放電を繰り返すことで徐々に電池容量が減るため、2、3年で交換が必要だった。SCiBは充放電を6000回繰り返しても80%以上の容量を維持できる。また、コンセントに接続後10分程度で9割の充電が完了する。
何処とは言わないけど、頑なに電池交換をユーザにやらせない某リンゴの携帯音楽プレイヤーに搭載して欲しいシロモノです。
(電池がへたったら買い換えろ、と言っているようにしか見えないので)

寿命もそうですが、出張前に何時間も充電させる必要がなくなるので急速充電の機能も素晴らしい。
普及するにはコストの問題でしょうか?

標準搭載まで何年かかるかな




エネループSANYOサンヨーN-M58TGS急速充電器セット

スポンサーサイト

ANS-9010発売延期→09年10月末以降

「COMPUTEX TAIPEI 2009で会いましょう」 (9/26)
-----某ショップ店員談
 今度こそ9月発売予定と思われたDDR2メモリに対応した5インチベイ用RAMディスクストレージACARD「ANS-9010」。ここにきて10月末以降へ延期となった。

発売する気がない点で東芝・キャノンのSEDと同じ様相を呈してきました。

SSDの性能進化が激しいので、もうRAMディスクはいらなくなりそうな感じですね・・・

SSDは寿命の問題はあるけれど、RAMディスクも電池の問題がありますらか
万全とは言えないですし



バッファロー SHD-NSUM120G

東芝製SDD「THNS256GE8BC」

東芝、業界最大級の256GB MLC SSD
>シーケンシャルリードで120MB/sec、シーケンシャルライトで70MB/sec


東芝、パソコン向けに256ギガの「SSD」を開発
>サンプル価格は10万円程度という。


値段と速度から考えるとMLCですが、容量以外に目新しさは無いかな。
MLCなら自作向けには確実に売れないですね。

インテル製80GのSSD(8万)と
東芝製256GのSSD(10万)のどちらを買うか?と聞かれたらインテル製を選びます。
SSDに求めるのは容量よりも速度ですから。

発売が遅すぎて時機を逸した感があって残念。



Intel X25-M SSDSA2MH080G1C5

本日(9/25)インテル製SSD「X25-M」発売

インテル製の高速SSDが本日発売! 価格は80GBで約8万円
>その高速性が話題となっているインテル製のSerial ATA対応2.5インチSSD「X25-M Mainstream SATA SSD」の販売がついに本日25日からスタートする。価格は約8万円。


Intel製SSDが25日(木)発売、約8万円
値段は漏れていた情報通りですね。
SLCのエンタープライズ向けは2倍で済むのかな?
全然情報が漏れてこないですが、発売前になったらまたデモとかがされるのを期待。

ま、インテルの初物は買えませんけど(笑)

2ch転載
================================================================
1000MBにしてみたよ。やっぱり胡散臭ぇ値だなあw

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 252.426 MB/s
Sequential Write : 78.002 MB/s
Random Read 512KB : 175.632 MB/s
Random Write 512KB : 78.617 MB/s
Random Read 4KB : 15.775 MB/s
Random Write 4KB : 33.041 MB/s

Test Size : 1000 MB
Date : 2008/09/25 19:59:35
================================================================

Random Read/Write 4KBが速すぎますね、こりゃ



PC133 >>> PC2700

古いPCをばらしてメモリうっぱらった金額

SDR(PC133)256M(infineon)530円
SDR(PC133)128M(SAMSUNG)50円
DDR(PC2700)256M(hynix)160円

オクに出したらもうちっと値が付くんだろうけど面倒なんでそのまま売りました。
昼飯代くらいですね。

つうか200円くらいかと思ったら甘かったです(笑)




USBメモリ スワッターズ 「ぷちえう゛ぁ」綾波レイモデル [4GB]

デュアルコアAtomが登場

デュアルコアAtomが登場「……こ、これは、PenDアーキテクチャ!?」

>LANが従来の100BASE-TXから1000BASE-Tまで拡張されたのが大きいですね

Atomがデュアルコアに伴い、LANがギガ化しているんですね。
下手にNASを買うくらいなら、Atomで組んだ方が色々と楽に弄れて面白そう。

今、剥き出しのHDD×4台(USBアダプタ付き)にUSBハブを介して
簡易ファイル置き場として使っていますがスマートにPC一台組んだ方が良いかな、とふと思いました。
が、HDD4台も入るケースとなるとATXになっちゃうかな。
しかもIDEなドライブだし。

素直にTBなHDDを買いますか。





Dual Core Atomオンボード D945GCLF2

SSD×8台のRAID 0、リード860MB/s

総額50万以上
SSD×8台のRAID 0デモ開始、リード860MB/s
公開されているベンチマーク結果はシーケンシャルリードが860MB/s、同ライトが461MB/sとかなりの速度。ランダムリード/ライト(4KB)でもリード24MB/s、ライト38MB/sが出ている。


これでPCを動かしたらもっさりとは無縁なんだろうなぁと。


Intel製SSD   8万?
MTRON製SSD 6万×8
RAID 5805    8万
SG31G2     3万

凄い金額だ・・・


ASR-5805/JA RoHS

Shuttle SG31G2


MTRON フラッグシップ
SSD エンタープライズモデル

SLCのSSDの寿命は最低5年程度

SSDの寿命は864年? 診断ソフトを試す
>「PCMark05」(Futuremark)の「HDD Test Suite」を連続して4日間、約2000回を実行し、SSDに対して読み書きが継続する状態を保った。(中略)これだけ激しい使い方をしても、予測された寿命までは5年ある。

この結果だけ見ると、普通のHDDと同じ感覚で使っても大丈夫ですね。
ただMLCはSLCに比べて寿命1/10とか見た記憶があるので、
常時起動で下手したら1年持ちませんよ、と。

MLCでも寿命診断ソフトがあれば参考になるのでしょうが残念

Super Talent、128GB SSD「MasterDrive OX」

Super Talent、リード150MB/secで419ドルの128GB SSD~SLCモデルは読み込み170MB/sec
MLC採用の2.5インチSSD「MasterDrive OX」シリーズ
SLC採用の2.5インチSSD「MasterDrive PX」シリーズ

419ドル→日本ではなぜか6万~7万で販売くらいと予想。
ぼったくられるんでしょうね~
アメリカ出張があったら向こうで買いたい値段。

MasterDrive PXの32Gが幾らの値段か気になります。
Webにはざっと見たところ記載無しでした・・・

にしても、SLCモデルでもインテルのSSDに読み込み速度が負けるのは、
コントローラーの違いなんでしょうがどれだけ本気を出しているんだろう、インテルは(笑)



Super Talent FTM60GK25H Rev.B

SSDの寿命診断ソフト「ファイナルハードディスク診断3.0」

SSDの寿命診断ソフトが発売されているようです。
AKIBA PC Hotline!編集部のブログより

このソフトは、SSDへのアクセス状況をモニターし、そのデータを基にSSDがあとどれだけの期間使用できるかを算出します。(特許出願中)

また、あなたのSSD使用状況をグラフィカルに表示し、SSDの寿命が近付くと、あらかじめ設定した方法で通知を行うことができます。

とのことですが、MTRON専用ですか。
全てのSSDに対して汎用的に使えるようにするにはSSD側でなんか統一的な規格が必要なんでしょうねぇ。
サンディスクかどこかが提唱してたような気がしますけど。

インテルもSSDを出すのだから、チップセットレベルで対応出来るようなモノを作ってくれたらいいのに。


SSDの寿命を見えるように!SSD寿命診断ソフト「ファイナルハードディスク診断3.0(TM) SSD版

箱○(60G)を買いました

発売当初(?)DVDの読み込みが五月蠅い五月蠅いと聞いていたのだけど、全然静かでした。
昔のATAPIの10倍速CDドライブの方が遙かに五月蠅いような気がします。

当時はSCSIドライブの方が静かだったからワザワザ乗り換えたなぁと思い出してみたり(笑)

んで当初の目的通りバトルフィールド:バッドカンパニーを購入。
何が難しいってコントローラの操作。
あんなアナログスティックで狙いつけて撃ってくる外人がまじで信じられないです。
キーボードとマウスを使わせて下さい(涙)

慣れなのかなぁ


あとやっと無駄なハイビジョンブラウン管が役に立った。
解像度高くて綺麗でした。




Intel製SSD、RAID0で500MB/s超

Intel製SSDのデモ開始、RAID0で500MB/s超
Adaptec製RAIDカード「ASR-2405」を装着、そこに2台のX25-Mを組み込み、RAID 0構成にしたもの。OSはWindows XPで。ストライプサイズを256KBに設定し、ベンチマークソフトの「CrystalDiskMark」(サイズは「1000MB」に設定)で計測したところ、シーケンシャルリード時に500MB/sを超える速度が出たという。

書き込みも100MB/s超えと恐ろしい結果。

SLCタイプの値段次第ですけど、RAID0で組んでもいいような感じの結果ですね。
8万×2と結構な値段になりますが。

インテルは容量半分、値段半分で出してくれないかなぁ。




Adaptec RAID ASR-2405

IntelのSSD(MLC)、PCwatchの記事

第4回 Intelの超高速SSD「X25-M Mainstream SATA SSD」
HD Tune 2.55の結果がありますが、
OCZで出ている謎のノコギリ形状の結果はINTELのSSDでは出ていませんね。

ということはチラホラ見かけるプチフリーズ現象はインテルでは出ないのかな、と希望的観測が。
やっぱりコントローラが悪いのでしょうか?


記事を読むと物欲をかきたてられるなぁと。
8万円
・・・CPU+マザー+メモリよりも高いHDD。

フラッシュの値段は落ち方が激しいので半年後には半額で買えますかね。





SpursEngine搭載のWinFast PxVC1100がリードテックから

リードテック、東芝のメディアプロセッサ「SpursEngine」搭載PCIe拡張カード

DVD再生ソフト「WinDVD」をバンドル。SpursEngineを使ったSD画質からHD画質への超解像度変換(アップコンバート)、ビデオ編集、オーサリング、トランスコード、AVCHDディスクの作成/再生などの機能が利用できる。SpursEngine専用メモリとして容量128MBのXDR DRAMを搭載する。


思ったよりも発売が早かったですね

前のアプコン比較映像付きAVwatchの記事 SpursEngineでパソコンはどう変わる?-「Qosmio G50」のアップコンバートやAVC変換を試す

1万円以下は無いだろうけれど、値段次第ではPS3で十分じゃん、と言う事になりそうなので続報待ちかな。
(アプコン機能にしか興味がないだけですが)

しかし冷却ファン付きということは発熱が凄そうです。
HDDメディアプレイヤーに内蔵して発売、というにはまだ厳しいそうな感じです。
最強メディアプレイヤーとしてPS3の地位はまだまだ安泰っぽいですね。




PS3 ガンダム無双2(2008年12月4日発売予定)

intelのSSD「X25-M」は予定通り高価

[速報版] 読み出し250MB/秒、IntelのSSDは速かった
発表時点で80GBモデルを量産出荷中で、2008年第4四半期中に160GBモデルをサンプル出荷する。1000個ロット受注時の卸価格はX18-M、X25-M共に6万5760円。


エンタープライズ向けのSLCタイプ「X25-E Extreme SATA SSD」は果たしていくらになるのやら。
初物価格&企業向けという事で容赦のない値付けになりそうか感じですね。

フラッシュは遅いという10年前からの認識を改める必要がありますね。
寿命についてはまだまだ未知数ですけれど。

メモリを沢山積んだRAIDカードを使えば、書き込み回数を減らしたりは出来るのかな

LGA 775対応マザーボード「DP45SG」

意外にも初! 「P45」搭載のインテル純正マザーが発売
ASUSはUSBに問題、
戯画はリビジョン商法、
MSIはレイテンシ?と色々問題が多そうなP45マザーですが
安心のインテル製となるのでしょうか。
そういえばインテル純正マザーって買った事ないなあ。

DDR3なので敬遠する人が多そう。
ついでにIDEドライブをつけるには拡張カードが必要なんですね。


DP45SG

9月13日発売予定の新Eee PCが発売延期

9月13日発売予定の新Eee PCが発売延期,スペックは一部変更へ
701 SD-Xの発売は9月20日,900-Xは10月中旬になる。


SSDをMLCの16GBから、SLCの8G/MLCの8Gに変更になったようです。
OSの領域にMLCはやっぱり微妙なのかな。

自作パーツで組むには値段的にMLCがいいのですが、やっぱり信頼性が微妙?


バッファロー Eee PC 901-X用 内蔵SSD 32GB SHD-EP9M32G

次世代ipod nanoの写真らしい

これが第4世代のiPod nanoか?--BtoBサイトで写真掲載

以前に見た形状と同じなのは、提供元ソースが同じなのか、真実であるからなのかは
わからないですが9/9まであれやこれやと考えるお楽しみ期間ということで。

個人的にはデブになっていた現行のnanoよりかはいいかも。
買う気は更々ないのですけれど。
ipod touchの情報が見えないのは、
外観の変更があまり無く値下げだけ、という事なんでしょうかね?


PATRIOTのSSDのベンチマーク(by ITpro)

超高速なのに割安感、PATRIOTのSSDをベンチ
書き込みが遅いけど許容レベルですから、値段から考えると売り切れ状態は納得がいくものです。

32Gで3万円ってHDDとしてみると高いんですけど、
SSDは別物っていうのが頭にあるので
逆に割安感しかないのが恐ろしい。

読み込み速度は一度これで頭打ちっていう見解が多いので、
IntelのSSDの値動きを見ながら買うのがいいですかね。
(JMicronのコントローラを使ったMLCチップのやつは)


WARP ハイスペック超高速 SSD 32GB PE32GS255SSD PATRIOT

ニュースサイトや「2ちゃんねる」の実況をティッカー表示させる

2ch実況スレと24時間テレビに見る「共有体験」の復活

>一つ目は、テレビとネット連動型の視聴補助装置のようなアノドス(東京・中央)製の「ANOBAR」だ。これはFED(電界放出型ディスプレー)を使った電光掲示板型の端末で、ニュースサイトや「2ちゃんねる」の実況をティッカー表示させることができる。


ANOBAR

こんな面白端末があったなんて知らなかったです。
番組に集中できなくなる事だろうけど、
そこまで集中してみるような番組なんてそうそうないから大した問題じゃないかな?




にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

Nehalemの第1世代は短命っぽい

IDF Fall 2008 - Nehalemレポート - Memory周り・省電力機構・Platformなど、総アップデート
どうもUnbuffered DIMMの場合、Core i7内蔵コントローラはメモリバスの駆動力がそれほどないようで、DDR3-1333の2枚刺しすら出来ないとの事(というか、2枚刺すと自動的に1200MHzにクロックダウンされるそうだ)。

やはりメモリ周りも不安要因かな。

メモリの相性問題やら、ソケットが1世代で終了するような事をどっかで見たような記憶もあるしで、ヒトバシラーな雰囲気プンプンなので、飛びつくのは危険と判断しました(笑)


かといってIP45のマザー選びが難航しているのですが・・・

「でも売れる?かな、速いし」 (9/3)
-----某ショップ店員談
 早ければ来週にも発売されそうなIntel製SSD。MLC/80GBモデルで価格は約¥80,000程度になるのではないかとのこと。


インテルの初物は地獄だぜー。

・・・チョット高杉。
起動用にSSDを考えていましたが予算3~4万程度なので。
確実に値下がりするモノですし、貧乏性には辛い選択。


Core 2 Quad Q9550

Chrome使ってみての不満点を列挙

ブックマークの管理機能が無いので編集がしにくい
ブックマークは新しいウインドウで開きたい(今開いているページを消したくない)が設定できない
マウスジェスチャーが無い
ショートカットの割り当てが出来ない
独自プラグイン追加による機能拡張が出来なさそう
タブを全部閉じると終了してしまう
proxyの設定はIEと共有(←謎な仕様)


とまぁ全般的に設定(カスタマイズ)できる項目が少ないのはベータ版だからなのか、
Googleのポリシーなのか、どちらでしょう。
後者だとメインブラウザとして使うのはチョット辛いかも。


速度は良好なので(というか違いが判るほど軽くて速い)、正式版に期待。
ブックマークを一度に大量に開いて順次見ていくスタイルなので、
快適性が全然違います



ブログパーツを自作しよう

昔の扇風機を思い出す

家電製品ミニレビューVORNADO「Vintage Vornado Fan VF20」
画像を見た時、古い扇風機を思い出しました。
ファンのガード部分を触ったら安全装置が稼働してファンが止まるやつ(笑)

気付いたらいつの間にかその機構、無くなっていたなぁ



マイクロソフト、「Xbox360」3割値下げ

マイクロソフト、「Xbox360」3割値下げ 2万円切る
アメリカでは既に値下げがあったのにスルーされていた日本でも、ついに値下げが発表されました。

これで当分値下げはないだろうし、
シュリンクモデルも来年以降くらいでモデルチェンジもなさそうなので
買うタイミングとしてはちょうどいいですね。


それで問題は箱○自体が売り切れていると・・・

今の売り切れは、販売店が値下げ情報を通知されていて入荷をとめていたせいでしょうか?
それなら9/11にすぐ店頭に並ぶと思いますけど。

んで肝心の買う予定なバトルフィールドは廃れてたりしないのだろうか



AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。