カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「PCニュース 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vectorでダウンロードされたソフトの累計が15億本間近、キャンペーン開催




三菱製の液晶テレビREALやソニー製ノートPCのVAIO N、iPod touchなどの賞品が当たるキャンペーンがVectorで実施中。

利用したい機能を持つフリーソフトを探すときにVectorは重宝していますが、総ダウンロード数が15億近いとは思ってもいませんでした。
一体、1日どのくらいの本数のソフトがダウンロードされているのでしょうかね?
(よくサーバーが落ちないものです)


それにしても今回のキャンペーン、メールアドレスと名前だけで応募出来るようですがフリーアドレスを10個ほど取得して、総当たりでの応募が出来そうな気配。

クッキー削除と接続IPを変更したらバレなさそうですし(面倒なのでそんな事はしませんけれど)いいのかな?

まあ応募数が多くなりそうなので、小細工をした程度では当たる確率が低いことには変わりがないのかも。
スポンサーサイト

半導体、増産投資を再開 東芝1500億円、エルピーダ600億円

半導体、増産投資を再開 東芝1500億円、エルピーダ600億円

携帯電話機などで使うフラッシュメモリーで世界2位の東芝は米社と共同で1500億円を投じ、生産能力を約4割引き上げる。パソコン基幹部品のDRAM大手のエルピーダメモリは2010年度中に主力拠点に600億円を投じ、出荷量を3割増やす。

設備投資を再開したとのことで、SSDとDRAMの価格が下がることが期待出きますね。
まあ、投資効果が出るのは早くても2年後になるでしょうから、SSDとかDRAMの値下げを期待して今から買い控えをするのはよほど気が長い人でもないとバカを見そうですが。

ところで韓国・台湾勢もこれに追随して、また数年後にフラッシュメモリ・DRAM共々大暴落という事態は発生したりはしないのでしょうか?

RAM業界の好調・不調のサイクルが発生すのは設備投資のタイミングが揃い過ぎているからなのではと、素人考えに思ってみたりして。

まあ先の事を想像してもしょうがないところではありますけれど。

取り敢えず、東芝とエルピーダ頑張れ

BluetoothのようにWi-Fi機器を直接接続する「Wi-Fi Direct」仕様発表

BluetoothのようにWi-Fi機器を直接接続 - 「Wi-Fi Direct」仕様発表
Wi-Fi Allianceは10月14日 (米国時間)、Wi-Fi対応機器をピアツーピアで直接接続するための新仕様を発表した。同仕様に対応した機器を「Wi-Fi CERTIFIED Wi-Fi Direct」として認証するテストプログラムを2010年中頃から開始するという。


無線AP不要で無線LAN搭載の機器同士が通信可能になる、Wi-Fi Directが2010年以降から使えるようになるそうです。
これで、デスクトップPCも無線LANを搭載していたほうが便利な時代が来たりして。

個人的にデスクトップPC間だけの通信なら有線LANで全然問題ないと思っているのですが、モバイル向けのデバイスが増えてくると、無線LAN環境の方が便利なんですよね。
モバイル機器にLANケーブルを繋ぎっぱなしというのも現実的ではないですし、都度繋いだりするのは手間がかかりますし。

とりあえず、Wi-Fi Directに対応したノートPCやNASなどのデータ共有などがやり易くなりそう。
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。