カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「Core i7 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i7-2700K搭載のBTOマシンがTSUKUMO、フェイス、ドスパラから登場

TSUKUMO、フェイス、ドスパラの各社から早速Core i7-2700K搭載のBTOデスクトップPCが発表となりました。
AMDがますます窮地に陥りそうな勢いですね。

標準クロック3.5GHz、Turbo Boost時3.9GHzで駆動ということなので、2600kを買うか2700kを買うかちょっと悩みそう。

まあBattleField 3は意外と軽いというし、どちらかというとGPUの方が重要だと思いますので、単品の価格次第でしょうか。
単品発売はまだ?
スポンサーサイト

Core i5-680(3.6GHz、Turbo Boost時3.86GHz)が登場

Core iシリーズ最高クロックのCore i5-680が明日発売、TB時3.86GHz
Core i5-680はLGA1156対応のデュアルコアCPUで、クロックは通常時が3.6GHz、Turbo Boost時が3.86GHz。上位製品としては4コア/6コアのCore i7シリーズがあるものの、クロックにおいてはこのCore i5-680が全Coreシリーズで最高となる。

Core i5 680はデュアルコアなので、クロックが上げやすいのでしょうね。
ちょっと古めの、多コアに対応していないゲームをする場合なら、Core i5-680の方が快適に動作しそうな感じがあります。

最近のゲームはクアッドコアに最適化されていたりするのでしょうか?

それにしても3.6GHzでTDP 73Wって結構凄いです。
製造プロセス32nmの効果は大きですね。

Core i7-980X Extreme Editionの同等品のXeon W3680が発売

「6コアのCore i7」が実質入手可能に?「同等のXeon」が1個単位で週末発売
「Core i7-980X Extreme Editionの同等品」(ショップ)というLGA1366用のシングルソケット版Xeon、Xeon W3680(クロック3.33GHz、3次キャッシュ12MB)が26日(金)に発売される見込みだ。


Xeon W3680の予価は105,800円ということなので、Core i7-980X Extreme Editionとほぼ同額となりそうですね。
(Core i7-980X Extreme Editionが999ドルらしいので)

DX58SOでの動作を確認しているようなので、Core i7-980Xと同等品ということならCore i7-980Xに対応したマザーなら動作しそうな雰囲気です。

エンコードや3DCGをレンダリングを多用する人なら、作業効率アップのために財布と相談しながら購入するのでしょうね。
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。