スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7のアクティベーションを回避するハッキングが出回る

「Windows 7」のアクティベーション、回避するハッキングが出回る
通常、同OSはユーザーに対して30日以内にアクティベーションを行うよう求める。しかし、最近明らかになった方法を使えば、アクティベーションを求める通知を非表示にできる。

マイクロソフト、ぴ~んち。
WGAが早くも突破されたようです?

まあWindowsアップデートか何かで、この回避方法の対策を取るのでしょうけれど、結局いつもの様にいたちごっこが続く事は目に見えています。

今の提供形態だと最終的な解決策は難しいでしょうから、やはり将来はクラウドサービスの如くネットの向こう側にサービスが全て用意されるような環境になるのでしょうかね。

XBOX Liveのような月額課金型は感覚的に嫌なのですが・・・


Microsoft Windows7 Ultimate 64bit 日本語版 DVD(DSP版)+FDDセット

スポンサーサイト

Windows7は32bit版/64bit版が同梱

Windows 7からは「64ビット版」も同梱
10月22日の「Windows 7」発売まで残り2カ月を切った。このWindows 7からはパッケージにインストールDVDが2枚入る(図1)。1枚は従来の「32ビット版」で、もう1枚は「64ビット版」のディスクだ。

これは小売版の話でしょうから、DSP版のWindows7も同じように
32bit版と64bit版を同梱してくれるのかが気になります。

Windows7に併せて、新マシンを組むつもりですから、64bit版のWindows7で動かない
ソフト/周辺機器は今のマシンで動かせば済む話なので、もしDSP版が32bit版と
64bit版を別々に発売するようなら、64bit版を選ぶだけですけれど。

もうあと1ヶ月くらいで発売ですけれど、Windows7はどれ位売れるのかな

Windows7Windows7

Windows7

Windows7はリモートデスクトップの機能も強化

[PDC 2008]Windows 7ではリモート・デスクトップを強化,動画やゲームも再生可能に

リモートデスクトップが強化とは言っても、
肝心のリモートデスクトップのサーバ側となれるWindows7のエディションは、
Vistaと同様にUltimate版になるのでは、と思います。

Home Premiumで対応していないのならば、
大半のユーザには意味のない機能追加ですよね。


企業ユースで動画再生なんて不要でしょうし、
メーカー製に採用されるエディションはまたHome Premiumになるでしょうし・・・

かといってパワーユーザがフレームレートを落としてまで
リモート経由でゲームするとは考え難いので、
もったいないなあと思わずにはいられない。


確かフリーソフトで既にリモート経由でのゲームに
対応しているアプリがあったと思うので
必ずしも必要ではないですが、
対応エディションを拡充して欲しい機能であることは間違いないかな。

Windows 7へ無償アップグレードするには

「Windows 7」への無償アップグレードに関する追加情報

>これはPCメーカーが「Windows Vista」マシンを7月1日以降に購入した顧客に対し、Windows 7が出荷された際にはWindows 7への無料アップグレードを提供することをMicrosoftが認めるというものである。

アメリカの話なんでしょうけれど、無料アップデートが出来る権利の具体的な日程が出てきました。
この日程的に、なんとなく年末に発売が間に合うのではないかと思えてきますね>Windows7

それにしても値段が幾らくらいなんでしょうか。
1万円台で買えたりするのかなぁ・・・

そしてDSP版Windows7の64bit版はVistaのように
別途金を払えといわれたりするのかが気になります。



Windows XP Professional SP3 日本語

Windows7ベータ版でWindows Update時にクラッシュするバグ

『Windows 7』公開ベータ版に自動報告ツールのバグ
不規則なシステム クラッシュは、『Windows Update』を起動するか、『Microsoft Windows Installer』(MSI) を使ってソフトウェアをインストールしようとした際に発生するという。
Microsoft が公開した回避策は、スクリプトを使ってパソコンの CEIP 関連のレジストリ設定を変更するというものだ。


ということでWindows7でWindows Updateを行う際か、
ソフトのインストール時にクラッシュするようなバグがあるようです。

リンク先には具体的なレジストリの変更方法の記載がありませんでしたが、
そのうち日本のサイトでも公開されるのかな?




Windows 7βはインストールして試してみる予定

Microsoft、Windows 7β版を提供開始
最近メインPCもOSを入れ直しを行いましたが、Windows 7β版の事なんて頭に無かったので
パーティションをシステム用/データ用の二つしか区切ってませんでした。

ググったらフリーのパーティション編集ソフト「EASEUS Partition Manager」 なんてのもあるようですし、
パーティションを再分割して領域を区切ってからインストール予定。
Windows7では何Gほど確保すればよいのかな?

βバージョンからSSDをHDDと分けて認識するなら、SSDにインストールして使ってみるのもありかも。
Vistaではプチフリが起きない(起きにくいだけ?)という話も聞きますので、
SSDに対応予定のWindows7には期待してしまいます。



PhotoFast G-MONSTER V2 SSD 128GB




関連:マイクロソフト、「Windows 7」の2009年内リリースを確約せず
「Windows 7」のベータ版、日本では1月13日からダウンロード可能に

Windows7のSSD対応についての記事

Windows 7の実像 Part 5 OSのSSD対応とエンハンスドストレージ
これによるとWindows 7は、ストレージインターフェース規格「ATA8-ACS」コマンドで
SSDとHDDを判別するとのこと。
具体的にはHDDの回転速度を確認する値で識別するようです。
SSD 0001h
HDD 1C20h (7200rpmの場合)


SSDと認識したら自動デフラグの停止、NVMHCIでの動作(SSD版のAHCIのようです)
といったことを予定しているようです。

またSLCとMLCを組み合わせた使い方なども考えられているようで、
来年もSSDから目を離せなさそうですね。

nLiteでSATAドライバを統合する際のトラブル

私的メモ2

XPセットアップ時のF6回避のため、nLiteでSATAドライバを統合する時に
Textmodeドライバとして登録する必要があったのですが、
古いドライバ(2003年製)の場合は通常PNPドライバとしてしか認識してくれずに
右往左往する羽目に。

取りあえず試しにえいやと通常PNPドライバで統合してみましたが、
やっぱりSATAドライブを見つけてくれませんでした。
合掌・・・


色々ググって調べたところTXTSETUP.OEMというファイルが絡んでいることを確認。
そこでSATAドライバのフォルダを漁ってみたところ、
ドライバ本体より上のフォルダ階層に存在していました。

まさかと思い、TXTSETUP.OEMをドライバ(.INFや.sys)のあるフォルダにコピーしてみたら
あっさりTextmodeドライバとして認識して統合が可能に。

ドライバのフォルダ構成が悪かったということでしょうかね。
(その後OSセットアップは問題なく終了)

XPのセットアップはこれが最後にしたいなぁと思いつつ、
Windows7までこれで凌ぐつもりでインストール完了。




Windows 7はVsitaのカーネル改良で軽量化は無し

米Microsoft、「Windows 7」についての情報を一部明らかに

「Windows 7」への軽量カーネル搭載は見送りか--MS開発トップが明らかに
>開発中とされている、まったく新しいスリム化した「MinWin」カーネルが搭載されるのではない。

MS的には改良だけだから、今Vista買っても対して違いは無いよ、
ってアピールの要素もあるのでしょうけど、
ユーザーニーズを理解しない企業ですねぇ。

Vista同様に失敗している暇はないと思うのだけど、
Googleにトドメを刺される羽目になりそう



AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。