WD15EADS-00P8B0のチェック時間は5時間16分42秒

WD15EADSを購入してきました。
WD10EADSが戻ってきたら、適当なSATA-USB変換で繋いでバックアップ用途専用にするつもりです。
(勿体無い使い方ですが、バックアップの重要性を骨身に染みた後なので)

買ったそばから初期不良品だと困るので、Data Lifeguard DiagnosticsでExtended Testを実行。
タイトル通り5時間16分かかりましたが、エラーゼロで一安心です。

型番はWD15EADS-00P8B0で500Gプラッタ版ですね。
ソフマップで購入時、箱に入っていたので中身の型番を確認したいと言っても無理と言われたので、買って開けてみるまでWD15EADS-00R6B0なのかWD15EADS-00P8B0かは判りませんでした。
(今更WD15EADS-00R6B0が流通しているとは考え難いですけれど)

またRMAとならないと限らないですから、箱とESDバッグ(静電気防止用の購入時に包まれているあの袋)はきちんと残しておこうかと思います。
WD15EADS
スポンサーサイト



WD20EADSは2/13(金)頃登場

2TB HDDが来週入荷、予価3万円
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090207/etc_wd.html
Western Digital製Serial ATA接続HDD「WD20EADS」で、予価は29,800円。予告ショップはソフマップ 秋葉原 本館とソフマップ 秋葉原 リユース総合館で、それぞれ13日(金)頃に入荷する予定とされる。
1.5TBのWD15EADSはまだ未定との事。
1TB2台買うよりも割高ですけれど、初物だし妥当なところでしょうか?

ただなんで2TBのほうが先に出るんでしょうかね。
容量が少ない方が作りやすそうですけれど、マーケット的な理由なのかな。
初の2TBドライブ!といったような感じの


1.5TB/1TBの500GBプラッタHDDが発売 SAMSUNG製で回転数は5,400rpm
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090131/etc_samsung.html
500GBプラッタを採用するという容量1.5TBのSerial ATA-HDD、「HD154UI」と同1TBの「HD103SI」がSAMSUNGから発売された。
実売価格は前者が11,600円前後、後者が8,000円前後

HD154UIの方はもう登場しているんですね。
HD153UIはキャッシュが16MBの下位バージョンだったようです。

キャッシュ容量32MBと16MBで実際どの程度体感速度に影響するのか微妙なところ。
1000円以上の差があれば考えるといった具体に値段差次第でしょうか?





WDから2TB「WD20EADS」1.5TB「WD15EADS」が登場

Western Digital、業界最大の2テラバイトHDDを発表
米Western Digitalは1月27日、「WD Caviar Green」シリーズに、業界で最大容量となる2T(テラ)バイトのHDD「WD20EADS」を追加した。同日発売で価格は299ドル。WD Caviar Greenシリーズのラインアップは今回の新製品追加で1Tバイト、1.5Tバイト、2Tバイトとなる。
WD製HDDって1.5TBのラインナップってありましたっけ?と思って調べたらあるんですね。
どうやらWD20EADSと一緒に発表されたようです。

例の件でSeagateの対応が酷い事になっているので、
単体ドライブの容量目当てのユーザはWestern Digitalに流れるんじゃないかな。

どんどんデータを溜め込める量が大きくなってきました分、
破壊された時のダメージもどんどん蓄積される事になっているんですよね・・・

バックアップを取っているユーザの割合ってどれくらいなんでしょうか?
これまでHDDが壊れる前に買い換えているせいか、
未だに故障に遭遇した事が無いのでバックアップは取っていません。

もう保存しているデータの中身は存在すら忘れているものもあるでしょうから
逆に取り出せなくなっても困らないかも。




AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking