「DC-MC25U2」を徹底検証

2.5インチSATA対応のセパレート型MOVIE COWBOY――「DC-MC25U2」を徹底検証
機能的にはDC-MC35UL3(DC-MC35UL2)と殆ど変わらないので、個人的には買い替え候補には挙がらず。

気になった所
>ちなみに同社のスペック表では「m2ts ファームウェア更新により対応予定」と書かれているが、これはBlu-rayのH.264/MPEG-4 AVCファイルであり、MPEG2-TSのことではない。拡張子tsのMPEG2-TSは正常に再生可能だ。

EM8621LチップってH.264/MPEG-4 AVCがデコード可能????
→判らないのでググる
pdf発見

VC-1 and MPEG-4.10 (H.264) Decoding欄にチェックが入っていな~い。
チップ自体が対応していないのにファーム更新で如何にか出来るとは思えないのですが・・・、
>ファームウェア更新により対応予定。将来の対応を約束するものではありません。
この一文で逃げる予定なのかな。
だとしたら酷い話だけどマイナーチェンジで対応可能なチップでも搭載しているのでしょうか?

そりゃ対応してくれるなら嬉しい話ですけど、無理じゃないかなぁ・・・


DC-MC25U2
スポンサーサイト



DC-MC35UL3のレビュー記事 byITmedia

見た目は変わった、中身はどうだ!?――新型MOVIE COWBOY「DC-MC35UL3」を最速で試す

DC-MC35UL2からの正統進化。

DLNAサーバの動作はまだまだ不安定のようで、ファームのアップに期待でしょうか。
割と頻繁にファームアップを対応してくれるので、そのあたりはあまり心配はしていません。

>UL3ではファームウェアのアップデートによってBlu-rayのm2ts、HD-DVDのevoに対応することがすでに表明されている。>UL2にも対応する可能性がないわけではないが、同社にファームアップの予定を問い合わせたところ、「現状、UL2の対応は予定はない」とコメントしており、望みは薄そうだ

ツワモノがUL3のファーム改造してUL2に無理やり対応を可能、という展開を希望。
そんな技術は無いので完全に人任せです(笑)

DC-MC35UL2をDC-MC35UL3化







DC-MC35UL3

HDMIを搭載した新型「MOVIE COWBOY」

DIGITAL COWBOY、HDMI/FTP機能を搭載した新型「MOVIE COWBOY」

DC-MC35UL3を7月下旬に発売予定。

HDMI対応と言っても今までコンポーネントからアプコン出力が可能だったので、
M2TS(H.264)対応が大きな違いでしょうか?

後はGigaイーサに対応してくれていれば尚良かったのですが、
発熱とコストの問題で見送りと予測。

前機種は結構熱が篭る仕様で、自前でファンをつけている人もいましたけれど
筐体をプラスチックから金属に変更してくれないかな、と思います。


DC-MC35UL3
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking