東芝とパナソニックが補償金を支払わない構え

DVD補償金、上乗せせず=東芝、パナソニックの新レコーダー-文化庁問題視
いいぞ、もっとやれと思ってしまった。

最初に記事のタイトルを見たときは、販売料金に転化はしないだけで、
メーカー側が泣く泣く権利者に金を上納するのかと思って記事を読んだら、払いもしないようです。

ずいぶん思い切った決断をするものだと感心したけれど、この不況下で1円でも原価を削るよう
努力しているメーカーにしてみたら(ほとんど)言掛かりで金を掠め取られる補償金の話は
たまったものではない、と流石に切れたところですか。

確かにメーカーが側からしてみたら、利点が何一つない補償金の支払いなんて飲めるわけがないよなぁ。

この調子でB-CASも不要って突っぱねてくれたら万々歳?

実質、PC用の地デジキャプチャーカードは解析されてコピーフリー化しているようだし、
当初の目的(?)のコピーを制限する機能は果たしてないのだから・・・

B-CAS社にB-CAS発行料の金を落とすだけ無駄となっているのは判っていると思うのだけれど。
スポンサーサイト



AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking